今日もナナメ上を行く

チャンスを活かせるのはいつだって準備をしてきた人だけ、というけれど

calendar

reload

入念な準備がないとチャンスを掴めないっていう思い込みありませんか?

「チャンスを活かせるのはいつだって準備をしてきた人だけだ」っていうけれど、その本当の意味を考えたことはありますか?なんか意味をはき違えたままでいませんか?

確かに、この言葉には一理あります。しかし、いつの間にか、わたしたちは準備をしないと、もっというと準備を「完了」しないと、チャンスを活かせないと思い込んでいないでしょうか?

行動するまでは気が重く感じるかもしれませんが、実際は行動してしまったら意外と簡単に動けるのです。

本当はチャンスを活かすより、準備を「完了」させることの方がずーーーーっと難しいのです。

何が言いたいのかというと、チャンスを掴むためにあーだこーだ言って「準備」にたっぷり時間をかけるなら、その時間を実際に「チャンスを掴む行動」に移した方がいいよね!ってことです。

今も確実にあなたの周りでは変化が起こりつづけている

状況は刻々と変わり続けるのだから、「完了」など不可能でしょう。状況が変わるたびにいちいち準備を練り直すのですか?時間がいくらあっても足りなくないですか?ていうかそれしんどくないですか??

言い換えると、準備をあくせくしているその間、わたしたちは「行動しない」という選択肢をとっているんです。行動しない間も状況は目まぐるしく変化していきます。なのにいつまでも動かなくて・・・本当に大丈夫ですか?

チャンスを掴むってどういうこと?:虫捕りを例に説明します

虫捕りを例にして説明してみましょう。

チャンスを掴むための準備は例えていうならば、虫を捕るための網だったり虫かごだったり餌を準備するようなものです。よりいい虫をを捕まえるために、網や餌にこだわったりすることもあるでしょう。

チャンスを掴むということはその準備した網を実際に振り下ろすということです。ただそれだけです。

チャンスを活かせた/活かせなかったというのは虫を捕まえられた/捕まえられなかったという結果です。

この結果というのは、基本的に自分自身の解釈で活かせた/活かせなかったと判断すればいいでしょう。

自分の行動の成否を他人に委ねるなんてばかげていますよね。

多くの人は、(わたしもまだまだその域を脱し切れていないのですが汗)準備に時間をかけすぎていて実際の行動をほとんどしていないのです。

例でいうならば虫捕りの網や餌がどーだ、捕まえるときのフォームがあーだ、捕まえるための場所はこーだ、と計画を練るだけで満足というかそこで留まってしまうのです。

そうしているうちに、虫そのものがいなくなってしまうかもしれませんよ?あーだこーだいう前にとりあえず林でも草むらの中にでも飛び込んで小一時間網を振り回せばコツがつかめるじゃないですか。うまくいかなかったらうまくいかなかったで、次はこうしてみようとか工夫できるじゃないですか。行動しない時間なんてめちゃくちゃもったいないのです。

もちろん準備も大切だけど、ほどほどにね

上記でチャンスを掴むとはどういうことか虫捕りを例に示しましたが、準備の質が高ければ高いほどチャンスを掴む行動を起こしたときに得られる質も比例して高くなるのは当然です。そりゃあ古くてボロボロで穴開いてる網使うより、ピカピカの最新鋭の虫捕り網(どんなだよw)の方がいいですよね!

でも何かやろうとしていることがあって準備をするなら「締め切り」は絶対に設けた方がいいです。

この時間までは全力で準備をするけれど、それ以降は行動する、ときっちりボーダーラインを引いておかないとズルズルと準備に時間をかけてしまって結局何も行動できていない・・・ということになってしまいます。

時間的に線引きするのもいいですが、質的に線引きをするなら、「失敗しない」「損をしない」くらいのレベルを満たせる準備をするというのもアリでしょう。ちょっとわかりにくい説明で申し訳ないのですが、最悪の事態が起こってもそれでも大丈夫だといえるレベルを満たせるくらいの準備でいいや、という考え方です。

いずれにせよ、準備に時間とエネルギーを注ぐよりも、実際の行動に尽力しようよ!って話です。

まとめ:準備はほどほどでいいから、まずは行動しましょう!

・チャンスを活かすのは入念な準備よりもチャンスに挑戦する行動回数

・準備は最低限失敗や損をしない程度で十分

・この時間までは準備期間、ここからは行動期間、という具合に時間で線引きしておこう

・まわりの状況は常に変わり続けているのだから、行動しながら調節していったほうがいい

このあたりを意識しつつ、チャンスを掴むために行動してみましょう!わたしもがんばります!!

※ちなみに虫捕りを例にしたのは、昨日飲み会で、セミを食べて、それがおいしかったので今度捕まえに行こうという話になったからです。から揚げにしておいしくいただきました。その時の記事はこちら!

【3年越しの野望】セミを食べたらめちゃくちゃ美味しかった話(閲覧注意)

 

 

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする