今日もナナメ上を行く

転職活動中の生まれいづる悩み。言い訳をエネルギーに昇華せよ!

calendar

reload

ステップアップしたくて転職活動しています

わたしは今、転職活動をしています。フリーランスになることも考えましたが、いろいろな理由があって、もう少し会社員でありながら定時後や週末に一人で食べていけるように準備をしていこうと考えました。

いまわたしのいる会社はIT業界でいわゆるSIerってやつで、3次請け4次請けの案件ばかりの小さい会社で、ベンチャーを謳っているものの体質はめちゃくちゃ昭和で、正直合わないという気しかしていません。でも同じプロジェクトにいるほかの会社の人たちも条件の悪い中頑張ってたりしていて、めちゃくちゃ今の会社が悪いというわけではありません。

最悪転職活動していて納得できるような会社が見つからなければ今の会社で適当にやり過ごしつつ複業活動をがんばるのみです。

しかし、今の状況に甘んじていられるほど忍耐力はないので、とりあえず転職活動してみよう、という感じではじめてみました。

わたしが転職しようとした理由

じゃあ別に今いる会社にいるままでもできるよね?という話になってきますが、今の会社に満足できないいくつかの理由があり、不満を持ったまま働き続けても自分自身にとっても会社にとってもよくないと思い、転職活動をすることにしました。理由はこんな感じです↓

 

・下流の仕事ばかり

すでに枠組みができあがったものを、言われたとおりに作るだけです。もちろん研修を3か月ばかり受けただけで現場に放り出されたザコキャラオブザコキャラなので、それでも学ぶところはたくさんあるのですが、同じ現場に派遣された、自分より年次も上の先輩たちも大して変わらない仕事していること、ほかの現場で働いている先輩たちもまた同様で下流の仕事内容ばかりなのを見ていると、この会社にいる限り自分のスキルを磨くスピードはかなり遅いものになると思ったのです。そして一番嫌だ!!!!と思ってしまったのがひたすらExcelで書類を作らされることです。コードすら書かせてもらえない。Excelで書類を作るためにこの業界入ったんじゃない!!!!って叫びそうになりました。

・意思決定が遅く、提案が通らない

挑戦することが会社のモットーだと謳っているくせに、思いっきりトップダウン型で、下からの提案など通ったことはありません。わたしだけでなく他の同期や同僚たちもそうです。提案が通らないのには、もちろんいろいろ事情はあるのでしょうが、その理由も何も説明をしてもらったことがありません。だったら挑戦とか言うなよ!!って毒を吐きたくなります。

・というか会社の人が誰も好きじゃないし尊敬なんてムリムリムリムリ

なんていうことを言うんだ!wwって感じかもしれませんが汗、会社にいる同期も先輩も部長も社長も全くもって好きになれません(爆)。そしてこれが転職したいと考える一番の理由です。

彼らと話していて全然楽しくないし(そもそも会話がかみ合わない人が多すぎる)、とにかく主体性がない。自分から動こうという人が本当に少ないのです。帰社日に会議室の配置を変えるために椅子や机を動かすのですが、前もって係として命じられた人以外は本当に動かないんです・・・。早く動かして早く帰社日の予定を終わらせて早く終わらせたほうがいいと思って率先してやるようにしているのですが、毎回ウンザリします。

言い訳?それの何が悪い??

↑で書いたような不満はたぶん多かれ少なかれ、誰にだってあるでしょう。結局人や環境のせいにして言い訳や文句を言っているだけなのかもしれません。でもそれの一体何が悪いのでしょう?やろうと思えばたぶん我慢して働き続けることはできます。でもそんなことはしたくないから転職活動しているのです。

我慢してたら鬱になってしまうかもしれないし、早く転職活動をして今よりも条件のいい(給与とかそういう話だけでなくいろいろな点を含めての話です)会社に移ればもっともっと自分の人生の機会は恵まれる可能性があると思っているし、、なんて考えだしたら今の会社にいるのが嫌になってしまいました。

わたしは他人や環境から受ける影響というのはとても大きいと考えています。なので自分が心から好きだとか納得できる人や環境に自分の身を置くのが、有意義な人生を送るうえで一番大切なことだと思っています。なので今の環境(会社・会社にいる人)は全く好きになれないし、この人たちからの影響を受けたくないので動くことを決めました。

自分の人生を自分で決めたいと思って転職活動をしています。会社なんかにゴロゴロ転がされて・・・・たまるか!!!と息巻きつつがんばります。いまは書類は全く通らない、ということもなく、何社か面接を受け始めている状態です。

とはいっても面接つらい

書類選考が通るのはうれしいのですが、面接がとてもとてもとっても憂鬱です。正直つらいです。面接のある日は受ける前からなんだか気力が湧かず死んだ魚の目をしています。理由はあり、

・あんまりその会社に興味がなく行くのが鬱

(面接に行かないとわからない部分があるので行くのですがなんだか・・・)

・そのため準備不足になりがちで質問にうまく答えられなくて鬱

・自分に自信がなく強みとか自己紹介とかうまくできなくて鬱

・それでもいい感じのことをいわなきゃと思って取り繕う行為そのものが鬱

ざっとあげるとこんな感じでしょうか。自分の対策不足なのもあるのですが(上2つw)、就職活動/転職活動そのものに抵抗があるゆえ感じるもの(下2つ)もあります。就職活動での成功体験が自分になく、面接に落とされる自分なんて社会では何の価値もないゴミクズなんだと過剰に凹んでしまうのです。今の会社も大した会社ではなく、ゴミでもなんでも働かせて動かしているような会社なのかな・・・なんて思うことすらあります。

人に転職活動をしているという話をして上記のような悩みを話したりして、”そんなことないよ”的なことを言ってくれ、そのことはとてもありがたいのですが、自信がなさ過ぎてそれをうまくエネルギーにできなくてこれまた鬱に・・・

なんて超絶ネガティブモードになっていますが、上記でも書いた通り自分の対策次第でなんとか鬱な気持ちを下げることはできるし、成功体験を勝ち取るにはやはり動き続けるしかないので、このブログで悩みを吐き出しつつも動き続けます。同じ悩みを持っている人がいるよ!って意味でも書くことに意義があると思っています。

つらい気持ちを取りのぞけ!

成功するまでは動かなければならない、諦めたらそこで試合終了だ、って話なんですが、心がポッキリ折れてしまったら元も子もありません。そのため落ち込んだ気持ちをリカバリーする方法をいくつか持っておくことはとても大切です。

・面接が終わったらおいしいものを食べる

・友達や恋人と会う約束をする

・就活がうまくいった後の自分を妄想する

・ブログで悩みを吐き出す(ただの愚痴にならないように読んだ人にとって気づきがあるように意識はしています)

・本を読む

以下の本は、各章で「転職したいとき」「同僚に不満があるとき」など具体的な悩みに対してグッとくる名言が書かれており、著者のナイスなコメントが添えられているシンプルな構成になっています。疲れていても頭に入りやすいし仕事で悩みがあるときに読むとまた頑張ろう、と思えます。今日も帰ったら読みますw

疲れすぎて文字なんて読めない!って方にはこちらもおすすめです!

人間以上に人間の心を持ったロボットたちの物語なのですが、どの話もとても心が温まり、上記のがんばろう!という気持ちとはまた違った感じで元気が出てきます。現在4巻まで出ていますが、個人的には2巻がおすすめです!

4巻は先月末に出たばかりなので、まだ読めていませんがめちゃくちゃ楽しみです!!

 

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする