今日もナナメ上を行く

経験から得られる価値、それが経験値。

calendar

二日連続ゲームっぽい感じのタイトルになってしまいましたw・・・べ、別に某ゲームの影響なんかじゃないですよ?
学生時代の経験って、就活で必ずといっていいほど聞かれるテーマですよね。
なので大学生の多くは、就活アピールになるような活動は何なのか?という視点を持って大学での過ごし方を考えているでしょう。もちろん、かつての私のように何も考えていない人もいるかもしれませんが!w

いい経験をしたと思えるための、たった一つ簡単な方法

例えば、あるイベントがあったとして、いろいろな人と交流し、人脈をしっかり作ることに成功する人もいれば、同じ人としかつるまずに、大した収穫がない人もいます。本を読んで、そこから得た知識をしっかりアウトプットして今後に生かせる人もいれば、あーおもしろかった、で終わってしまう人もいます。その違いが生まれる理由はとてもシンプルです。

「いま目の前で起こっていることに対して漠然とやり過ごすのではなく、全力で向き合い、自分の頭で考えること」

です。いま、起こっている出来事に対して適当に対応しているからそれは大した経験にしかならないのです。

与えられる経験は同じように見えても、考え方/とらえ方/のめりこみ方によって、経験から得られる価値というのは天と地ほどの差があります。

経験の質を高めるためには

そうはいっても、一朝一夕で考える力、とらえる力は身につかないし、どう頑張ったってのめりこめないものだってありますよね。

やりたくない仕事、ハズレの合コン、つまらない本や映画にエンカウントしてしまった!!そんな時はおとなしくこの経験は失敗だなあ、とあきらめ、スパッと潔く身を引きましょう。戦略的撤退ってやつです。そこでヒイヒイいって息も絶え絶えになりながら頑張る必要はありません。レベルが上がる前にゲームオーバーになってしまいます。

何か失敗した経験があったら、友達や家族相手に笑い話にしてしまいましょう。私のように友達が少ない人はブログでネタにしたりするのもオススメです。

重要なのは、失敗を繰り返さないようにすることです。なのでなぜ失敗したのか、なぜ失敗だと思ったのか、次失敗しないようにするにはどうしたらいいのかなどはしっかり考えましょう。そして考えるより話すとか書くとか、言語化するのが頭にも残りやすいのでオススメです。

経験を積み上げて、レベルアップしよう!

ゲームと違って現実は、何かイベント(出来事)が起こっても、それを経験した人がどんな人か、どんなとらえ方どんなかかわり方をするかによって得られる経験の価値は大きく変わってきます。つまり経験値の入り方は人によって千差万別なのです。それがゲームとは違う、現実世界の大変さであり面白さであるわけですね。
また、ゲーム上の経験値は経験値ゲージが変化するだけですが、現実世界の経験値は人のいろいろなパラメータを変化させることができます。こんなパラメータを伸ばしたいから、こんな経験をしよう!って行動している人は多いですよね。伸ばしたいパラメータは、自分にとっての弱みより強みを伸ばした方が絶対にいいと、わたしは考えていますが、それはまた別の機会に。

というわけで、明日もまたレベルアップに励みます!※現実世界の話です!!

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする