3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

占いとの距離感〜私と土曜日とソウルナンバーと中二病〜

calendar


占いと聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

星占い?血液型占い?それとも動物占い??最近だとソウルナンバーとかも流行ってますし、ディグラムなど占いに似ているけど統計学や心理学的要素が強いものも現れてきていますね。

「占いなんて信じないネ!!!!」っていう人もいるでしょうが、私は”どっちかといえば”信じている方です。

とはいっても「ワタシの運命はこうなのっっっ!」とか「今日/今週/今月はこういう運気なのオオオオオ!!!!」って熱烈に信じ切って、なんでもかんでもアドバイス通りに動くわけではありませんw

ワタシにとっての占いとは、自分自身の信条や価値観、思想といったものにものすごく影響を与えるものではないけれど、「日々の生活での行動や考えを決めるちょっとした道具の一つ」くらいに捉えています。

ざっくりした例えでいうと、天気予報を教えてくれるアプリみたいなものでしょうか。

天気予報アプリを参考にして、「今日は夕方から雨が降るから折り畳み傘を持っていこう」「一日の温度差がないから服装はこんな感じにしよう」という具合に、その日の持ち物や服装を決める人は多いですよね。

でも、あくまでも「予報」に過ぎないから、雨が降ると見せかけて降らないことだってあるし、実は朝晩はものすごく冷え込むかもしれませんね。

でも、その日の持ち物や服装を選ぶ労力はそのアプリによってちょこっとかもしれませんが軽減されているわけです。

もし何の情報もなければ、特にコーディネートを決めるのが苦手だというような人などはその日の服装を決めるのに四苦八苦してしまうかもしれません。それによって電車を一本乗り遅れてしまうかもしれません。

(そういう経験があるのは私だけじゃないって信じていますよ!w)

それはさておき、占いについては「ものすごく好きな人」と「ものすごく嫌悪感を持っている人」の両極端で、「ほどほどの距離感」を持っている人っていうのはかなり少ないと感じています。

まあ、占いに対して「ほどほどの距離感」ってナンボのもんじゃい!って感じですし、私自身ここで初めて書きましたw

というわけで、前置きがちょっと長くなった上に被るところもあるのですが汗、個人的におすすめな占いとの付き合い方を書いてみようと思います!

・日常の選択が(ちょっぴり)楽になる

毎日は選択の連続です。今日はどんな服を着ていこうか、どの車両に乗ろうか、ランチはAかBかそれともCかなどなど、枚挙に暇がございません。

そんなとき占いがあれば、「今日のラッキカラーはピンクらしいからピンクのシャツを着よう」「ラッキナンバーは3だからやっぱり3号車だよね♪」という具合に、ちょっとだけかもしれませんが選択の手間が省けるのです!

何かを選ぶということは意外とエネルギーを使うものです。小さな選択でもそれが積み重なればかなりのエネルギーと時間を使ってしまうものです。

某SNSを作った、なんとかバーグさんやリンゴの会社の創業者さんも毎日同じ服装なのは有名ですが、その理由もしょうもない決断ではなく、もっと重要で価値のある事柄に対して決断する余裕を持てるようにするためです。

占いをうまく利用することで、質のいい決断ができるようになるかもしれませんよ!

・自分に自信を持てる

私はかなり自分に自信がないタイプです。気を抜いたり疲れてると「どうせ私なんかが・・・ごにょごにょ・・・」とボヤきそうになってしまいます。

そして「自信が無いほうが、自信過剰な状態よりいいのだ!」くらいに思っていました。謙虚と卑屈を履き違えていたのです。

まだまだ私は自分に自信をしっかりと持つことはできていませんが、自信を持てるようにがんばっています。

なぜなら自信を持っていた方が人生楽しいし、得して生きていけると思うからです。

唐突ですがw、誰かが自分に告白してくるシーンをイメージしてください。

そのとき、「自分と付き合うとこんなメリットがあるよ!仕事の愚痴も聞くし週末はごはんを作ってあげるし、君の趣味にも付き合うよ」的な言葉で告白してくれる人と、「じ、自分は不細工だし口下手だしお金もないしニートだけど、、、も、も、も、もしよかったら付き合ってほ、ほ、ほしいなァァァァァ」って感じでこられたらどっちを選ぶでしょうか?

たぶん前者を選ぶ人が多いのではないでしょうか。実際付き合ってみたら前者は口だけ達者で中身は・・・って感じで後者の方が誠実で案外将来性はバツグンで・・・なんてこともあるかもしれませんが、少なくとも告白の言葉だけで考えるのであれば、俄然前者の方が選ばれると思います。

だから自分に自信を持っていたほうが、人生のチャンスは格段に多くなりますし、結果として楽しくて充実した人生になるといえます!

たとえ自分自身が本当にそうだと信じられなかったとしても、自信は持っていた方がいいのです。いわゆる根拠のない自信というやつです。

で、またしても前置きが長くなってしまったのですがw、占いは「根拠のない自信を持つのに役立つ」のです!性格を診断するような占いの多くは性格の良い面をたっぷり書いてくれています。もちろん短所についても記述があったりしますが、こうするといいんじゃないですか?という感じに優しくアドバイスが添えてあることが多いのであまり気にしないでください!w

私は自分に自信が無くなりそうになったときはよく占いの、性格について書かれているところで良いところばかり読み漁って元気を取り戻すことがあります。

例えば、私は曜日占いだと土曜日生まれでソウルナンバーは33なんですが、ネット上では「神に選ばれた存在なので若いうちは試練の連続で苦労しますが大器晩成します」「変わり者扱いされますが本当は誰よりも高尚な心を持っています」なーんてことが書かれていたりします。

これを本当に鵜呑みにして「我ハ神二選バレシ者ナリ。コノ世界ノ粛清コソ我ガ使命」なんて思ったりはしませんが(ほ、本当ですよ?!)、「そんなに褒めてくれるなら私も捨てたもんじゃないなー」、くらいには思えるのです。

何事も限度があるので、のめり込みすぎて現実が見えなくなってしまったらさすがにマズいですが、道具の一つくらいに捉えて、ほどほどの距離感を保つことができれば占いはあなたの強い味方になってくれるかもしれません^^