今日もナナメ上を行く

アートイベントキックオフ!

calendar

来たる7月3日に、地域Xアートをテーマにしたイベントを行うためのキックオフイベントを開催することになりました!
協力してくださる方がいるからこそ、実現できたことなので、とても感謝しています。

こうやってイベントを開催するのは、学生のときに学園祭で企画していろいろやっていたことはありますが、場所をお借りして、facebookなどで告知してというのは初めてなのでとてもドキドキしています。

☆詳細はこちら

今回のイベントを開催するにあたって、私自身がどんな思いを持っているのかを拙い文章で恐縮ですが書いておこうと思います。その方が参加してくださる方々にとっても、わかりやすいと思いますし、次回以降共感してくださる方が来てくれればなあ、と期待もしております(笑)

・自分で何かやりたい!という思い

私自身は30歳になるまでに、何か大きなことを成し遂げたい!と思うようになっていました。今もその思いに突き動かされる感じで生きています。

その「何か」として、アート・芸術系に関わることで、社会に良い影響を与えたいと考えています。

その思いがあって大学院まで行って研究をしていた時期もありました。

芸術で世界を変えてやる!くらいの気概で頑張っています。

なんて大口を叩いているくせに今まで大したことをしておらず、ついに・満を持して・やっと!第一歩として今回のイベントを行うことにしました。

・芸術で変えられること

私が芸術が・・・アートが・・・というようになったのは別に生まれながらというわけではありません。学部の時に建築を勉強しており、その一環として美術館に通うよううちにアートっていいな、素晴らしいな!と思うようになったのです。

私はよく人から変わり者とか不思議ちゃんなどと言われることがあり、そういうひとは社会から少し(かなり?)はみ出した存在として時に怪訝に、時にハレモノでも扱うかのごとく邪険に扱われることがあります。社会不適合者なんてこっそり言われたことなんて何度あるでしょうか!

でも、アートはそんなはみ出し者でも優しく無条件に受け入れてくれるのです。変わってること、人と違っていることを当たり前に肯定してくれる。それがアートの持つ最強に素晴らしいところだと思っています。

そのアートの良さをみんなが少しでも気づいてくれれば、この世の中も少しは生きやすくなって幸せになれるんじゃないかなあ、というのが私の思いです。

・なぜ地域×アートなのか

私の個人的な話で恐縮なのですが、育った街は典型的な郊外・ベッドタウンでした。私は17年ほど、住んでいる街には何も魅力を感じず、単調な景色の中、向上心を見失った人々に囲まれ、刺激に欠けた毎日を過ごしていました。

20歳になってやっと親が一人暮らしを認めてくれるようになるまで、ずっとその街で暮らしていました。その街を離れて5年以上経ちますが、今でも自分の育ったその街を好きになることはできません。

でも、いつかはそんな街を好きだと、少なくとも悪くはないんだよ、くらい思えるようになりたいと思っています。

そのきっかけというか、希望になりうるのがアートなのではないかと考えています。

・参加者と作り上げたいもの

と、個人的にはいろいろな想いがあるのですが、参加して下さる方と楽しくアートの話ができて、一緒にこれから面白いことをしよう!!と動き出せれば私としてはものすごく嬉しいです!
そして、試行錯誤しつつ動くことで、みんなで成長というか得られるものがあれば嬉しいのです。

イベントは神保町で7/3 15〜17時で行います!

詳細はこちらです~~

拡散していただけるとうれしいです(o^^o)

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする