今日もナナメ上を行く

嫌いな人から得られる3つの気づきについて

calendar

reload

今日は、ここであえて嫌いな人について書こうと思います。

誰にだって「こいつは合わない」「あいつのここがムカつく」などなど。

不快な感情を持つことはあると思います。それが人間ですもの。

例えば、わたしは「自分の話ばっかり延々として、人の話を全然聞かない奴」がめちゃくちゃ嫌いです。そうだとわかった瞬間、その人との関係を終了させたくなります。

でも、その「嫌い」という感情にもちゃんと意味があるのです。

なぜその人が嫌いなのか、嫌いな人のことを考えるのは不愉快かもしれませんが、そこからはきっととても役に立つ気づきを得ることができるのです。

1. 自分自身が人にどう接してほしいのかが分かる

なぜ自分がその人のことを嫌いなのか。たいていの場合、自分が期待することや、望んでいることに反する言動を相手がすることで、不快な感情が生まれるため、その人のことを嫌いになります。

なので、嫌いな人がいて、なぜ自分がその人のことを嫌いだと思うのかについて理由を考えると自分自身が望むことが見えてきます。

私の場合でいうと、人の話を全く聞かない人間が嫌いなのは、自分自身がちゃんと話を聞いてほしいと思うし、相手からは有益な価値ある話を聞きたいと思うからです。

自分に全く接点のない人の日常の話とか、延々と聞かされる愚痴なんかは聞かされると迷惑でしかないと思ってしまいます。内輪話とか大嫌いです。話してる方は楽しいからついついやってしまうのでしょうけど。

なので、私は話をするときは、自分も相手もバランスよく話すことを望むし、相手の話からは何か得るものが必要だと思っています。何も具体的な情報や知識である必要はありません。クスっと笑えるようなユーモアやただその人と話す時間を得られたことなど、自分自身にとって何か有益なものがほしい、と思ってしまうのです。

そして自分自身その辺りを気をつけつつ話すようにしています。

2. 自分の長所および短所が見える

「相手の嫌いなところ」というのは自分が受け入れられない/理解できない場合がほとんどです。

なぜ受け入れられないのか、理解できないのかをわたしなりに考えてみると、「自分自身にもある性格で引け目を感じている」あるいは「自分自身とは違う性格、価値観でわからない」という理由が考えられます。
 

それを踏まえて「自分が感じる、他人の嫌なところ」という主観全開の基準と自分自身の性格を照らし合わせてみると、自らの長所や短所が見えてきます。

上記のわたしの例でいうと、「自分の話ばかりする奴が嫌い」という点と自分自身を照らし合わせると、長所としては「人の話を聞くことができる」「自分と人の話のバランスをとることができる」などが挙げられて、短所としては「自分自身のことを多く/うまく話せない」「興味のない話は聞けない」などが考えられます。

何もないところでいきなり自分自身の長所/短所を考えるのは結構難しいかと思いますが、「自分が嫌いな人、嫌いなところ」を基準にして考えてみると思い浮かべやすいのでおすすめです!

3. 新しい価値観を知ることができる

究極はこれですねw 「こんな考え方もあるんだ!」って素直に驚きましょう。

生きていると、自分の常識の範囲では到底考えつかなかった行動をする人に出会うことがあります。

これがもし自分にとって快適、まあ別に不快ではないくらいのレベルだったら「おお!すごいな」みたいな感じでポジティブに受け入れられるんでしょうけど、不快に感じる行為をされるとどうしても負の感情が出てきてしまって、その奥にある知的発見に気づかなくなってしまうのではないでしょうか。(なんか堅苦しい表現ww)

なので、「こいつ嫌い」「無理かな」って思ったとしても、いったんその感情を受け止め受け流しやり過ごしてから、見たことのない生き物でも観察するつもりになって、冷静にその人を観察してみるといろいろな発見があります。
「もしかしてこの人はこういう風に考えているからあんな行動をとったのかな?」という具合に発見があると、「こいつ嫌い」という思いも変わる場合だってあります。

なんだかそれってすごいステキですよね!

時には嫌いな人とぶつかるのも悪くない 

というわけで、嫌いな人に遭遇してしまったときにそれをむしろラッキーだと捉え、気づきを得るポイントを書いてみました。

世の中にはいろいろな人がいるので、どうしても「なんだかコイツいけ好かない」って人にエンカウントしてしまうことはあります。でもそれは不可避でしょう。昼間に外に出たら紫外線から避けられないとか、年配の上司と飲みに行ったらお説教から避けられないとかそんなレベルで避けられないでしょう。

だから、むりやり避けようとして消耗するよりも、正面切って戦う方法を身につけたほうが何かと生きやすいんじゃないのかな?というお話でした。