今日もナナメ上を行く

行動基準の一番簡単で単純なのは「調べても分からないことかどうか」だ!

calendar

「悩んでる原因が、調べてもわからないことならもう行動すればいいじゃん!」
と、今日一緒にのんでいた友人が言いました。
私は、これってとてもわかりやすくて良い行動基準だと思いました。

自分で考えてもわからない、そしてgo●gle先生に聞いてもわからないなら、もう自分の身を挺して体験するしか答えは得られない!!というわけです。
これだけインターネットが普及して、誰でもスマホを持っていて、わからないことは簡単に検索すれば分かる時代になった今だからこそ、自分自身の感覚を信じて、ピンときたものに対して素早く反応して動く!ということは価値のあることだと思っています。

しかしながら、これほど情報が溢れている今だからこそ、情報にがんじがらめになってしまって、自分のせっかくの直感を封じ込めてしまって、動けなくなってしまうということは多いと思うのです。
それってとても・・・もったいない!

そりゃあ誰だって、最善の選択をしたいわけですよね。だからこそ何か決断をするとき、行動に出る時に前もって情報をいろいろ集めようとする。時間に余裕があるときはなおさらそうですよね。

でも、それでも失敗するときはしますよね。ネット上の情報だって玉石混交だし、検索上位の結果が必ずしも最善の答えにつながるとは限らないわけです。

だったらせめて、行動に出る前に、下調べをするのはよしとして、ある程度調べた時にそれでも自分の中にある疑問を解決することができなかったときには、もう行動するしかないと思うんです。
だって調べてもわからなかったんですよね?自分で考えてもわからなかったんですよね?
それでも迷ってるなら、きっとあなたの心はその行動をとりたがっているのでしょう。

虎穴に入らずんば虎児を得ず。リスクを取らなければリターンを得ることはできない!だから、何か結果を得たければ、成功したいと思っているのなら、行動するしかないんです。
それでも失敗したら怖いとか、よくわからないから怖いとかいろいろな感情で行動にブレーキがかかってしまうことは多いでしょう。未知のものに恐怖心を抱くのは人間の摂理です。でも、それを乗り越えることができるかどうかが、凡人とそうでない人を分ける鍵だと言えます。

行動する第一歩、低めのハードルとして、「いろいろ調べてみて、自分の頭で考え抜いて、それでも迷っていることなら、とりあえず行動してみる」というのはぜひ皆さんにおすすめしたいと思います。
これだけでも自分の環境は変わっていくのが感じられるでしょう。

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする