3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

私がエンジニアになろうと思った理由

calendar

reload


私はいま、IT系の会社に入ってプログラマとして働いています。

しかし、いつまでもこの仕事を続ける気はありません。今の会社に入った時からやめる時のことを考えていますw

というのも、私にはやりたいことがあるからです。

プログラミングの技術を身につけるのも、やりたいことを実現するためです。

なぜプログラミングなのか?それについて書いてみようと思います。

自分でサービスを作れるようになりたいから

テクノロジーが発達して、今や誰でもスマホやパソコンを持っている時代になりました。そしてどんな田舎でもインターネットが整備されるようになりました。そのため、世界中、日本中で便利なWEBサービスやアプリケーションが開発されています。もはやこれらのサービスやアプリは現代生活にはなくてはならない当たり前のものになっています。

つまり、サービスやアプリを作ることができれば、多くの人と接点を持てるチャンスを得るということです。多大な影響力を得られるのです。

いいものを作って、多くの人に役立ててもらいたいと思っています。

場所にとらわれない仕事が可能だから

プログラミングというのは基本的にパソコンさえあればOKです。パソコンとインターネットさえあれば、世界中のどんなところでも仕事を得ることができます。そのためにはもちろんそれだけの技術が必要なのはいうまでもありませんがw世界中、というのはおおげさでも、結婚や介護などいろいろな理由で地元に帰らざるを得ないとき、たとえ地元に仕事がなくても、プログラミングの技術があれば、クラウドワークスなどのクラウドソーシングのサイトなどを利用すれば、どこにいても仕事を受注することができます。

何かを表現する手段がほしかったから

私はアートやデザインに興味があり、将来的にはそういう仕事をしたいと考えているのですが、アーティストといえるような表現手段を何も持っていません。

絵の具や彫刻刀や粘土を使うには十分な場所やそれを手にするお金が必要だよね・・・なんて考えてしまいなかなか表現手段を見つけるというか手にすることができませんでした。ただの言い訳ともいえますが。

しかしプログラミングだったら、パソコンひとつあれば、自分が作りたいものを作ることができます。お金もない面倒くさがりな私にはとっつきやすい表現手段だと思えたのです。

もちろん、使う道具としてはパソコンだけ、とシンプルですが、パソコンの中身、つまりプログラミングの言語や文法、エディタなどなどその世界は他の表現の世界同様めちゃくちゃ奥が深いということは入ってから知りましたw

これらの理由で私はプログラマになろうと考えました。

これからプログラマを目指してみたい、プログラミングに興味がある、という方にとって少しでもお役になれれば幸いです!