今日もナナメ上を行く

バーチャル人間関係推進論

calendar

人は人との出会いで、磨かれ、成長していくものだと最近しみじみ思っています。

誰と出会い、誰と生きるかで人間というものは大きく変わると信じています。

ここでいう「出会い」というのは、なにも直接生身の人間に出会う、いうことに限った話ではありません。

本を読むことで、過去の偉人や若かりし頃の人生の大先輩に出会い、映画を観ることで架空の世界で生きる登場人物に出会い、展覧会に行けば世界中の人が知っている芸術家とも作品を通じて出会うことができます。

つまり夏目漱石にもサツキやメイにもゴッホやピカソにだって、あなたが望めばいつだって出会うことができるのです。

直接的な出会い/人間関係が充実している方が幸せだし、そういう人間がステータスの高い人間(いわゆるリア充)だという考え方が幅を利かせている世の中で、あえて生身の人間じゃない人たちとのつながりをたくさん持っていることの素晴らしさを、コミュ障傾向のわたしが書いてみようと思います!

あなたは今、人間関係に不満はありませんか?

たぶんほとんどの人が「はい」と答えるでしょう。

友達や恋人だったら、自分で選ぶ部分が多いのでここでは省きますが、

自分であまり自由に選べない人間関係、学校のクラスメート、職場の同僚や上司、近所のママ友(という名の・・・おっと誰か来たようだ)などについては、不満だらけの人だらけではないでしょうか。

そして、不満を持ったまま、いやいや人間関係を続けてはいませんか?

それをいつまでも続けるつもりですか?

そんなの辛いじゃないですか。私だったらおかしくなりそうです。

少しでも辛いと思うのなら、そんな人間関係やめてしまいましょう!

もちろん、やめるといってもスパッと連絡を絶って無視して・・・なんてことは現実的ではありません。トラブルに発展しかねません。

だから、その不満のある人間関係へのエネルギーを別のものに向けてみましょう!

人間の持っているエネルギーには限りがあるので、別のものにエネルギーを割けば、必然的に今まで向けていたものへのエネルギー量は減るはずです。

ですから、もし自分の周りの人間関係に不満があるのなら、別の出会いを求めに行くことをおすすめします。

そこでおすすめするのが、「バーチャルな人間関係」なのです!

「バーチャルな人間関係」というのはリアルな人間関係の反対で、現実には存在していないけれど存在している人たちとの関係のこととします。

今の時代に生きていない人、アニメや小説、漫画や絵画や舞台の登場人物などなど。

彼ら彼女らは現実にはリアルな肉体を持って、この世にいるわけではないけれど、確かに存在している。だって私たちは彼/彼女たちの名前や性格、場合によったら身長とか好きなタイプなんてことまで知っているじゃないですか。

それはリアルな人間に対しても変わらないことですよね?

では、「バーチャルな人間関係」は何がいいのでしょうか?一つずつ説明していきたいと思います!

1. やり直し/代替できる

これはリアルな人間関係でもそうだと思うのですが、

出会いというのはたくさんあるし、何度でもやり直せるものです。取り換えもきくでしょう。

しかし、やっぱりリアルだとなかなか怖くてできないですよね。

しかしバーチャル相手だと、誰と仲良くなるか、どのくらい仲良くなるか、どのくらいのペースで会うか、すべて自分自身で決めることができます。

もし「こいつはなんか違う」「ちょっと合わないな」なんて思っても、別の出会いがあります。安心してやり直しも取り替えもできるのです。

2. 自分のペースでコミュニケーションをとれる

映画や舞台などよりも、本や絵画、彫刻などのほうがイメージしやすいかなと思いますが、自分自身が感じたこと、思ったこと、考えたこと全部自分のペースで伝えることができます。

伝える、といっても相手がしゃべるわけではないので、考えをまとめる、というのがより適切でしょうね・・・^^;

生身の人間相手だったら自分の話したいことを一切合切話したら、ほとんどの場合相手に愛想をつかされますねw

ですので、ふだん自分が言いたいことをなかなか言えなくて不満がある人には、特におすすめです。

3. 自分自身に関してたくさんの発見がある

お気づきかもしれませんが、本当のところ、バーチャルな相手を通じて、自分自身とコミュニケーションをとっているのです。

これはただの自問自答とは違います。バーチャルな相手を通じた自分というのは、「ちょっと違う自分」なのです。いつものあなたではありません。ちょっとだけ別人なのです。

だから、バーチャルな相手とコミュケーションをとると、ちょっと違った角度から自分を発見することができます。

(書きたいことがうまくかけない感じでとてももどかしいのですが、わかってい頂けたらとてもうれしいです)

以上が、「バーチャルな人間関係」を持つことの代表的なメリットです。

無理して自分を押し殺してまでいる場所なんてありません。嫌ならさっさと出ていけばいいのです。誰もあなたを引き止める権利はないのです。

自分が不快になるような出会い・人間関係なんてさっさと切り捨てましょう。

自分が一緒にいて幸せだと思える人たちと出会えるように行動しましょう。

幸せな出会いは、あなたの成長の役にも立つ、むしろ不可欠なことです。

リアルな人間関係につかれたら、バーチャルへいらっしゃい。

きっと元気になってリアルに戻れるはずですよ!

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする