今日もナナメ上を行く

忙しいのはお好きですか?私は好きです!

calendar

reload

私は、予定がいっぱいで、切羽詰まっている状態の方がなんだか人生が充実しているような感じがします。

反対に、何もしないで、ボーッとしている時間があまり得意ではありません。

時間をとても無駄にしてしまっている感じがして、そんな自分に嫌悪感を抱いてしまいます。

でも残業続きで、へとへとで家に帰ったら、嫌悪感は持ちつつもついついダラダラしてしまう・・・なんてことありませんか?

でも、そんな生活、そんな自分が嫌いではありません。

というかそれが自分なんだし仕方ないかなーといったん引き受ける感じでしょうか。だんだん私も変わっていって上記のように思わなくなるかもしれませんがそれはまた別の話。

それはさておき、忙しく立ち回り、ひたすら動きつづけているときの方が、比較的時間の余裕のあるときよりもかえってパフォーマンスがいいような気がします。

でも、よくよく考えると、これってちゃんと理由があるのではないでしょうか。

以下は個人の解釈であり、論理の飛躍があります。

無駄なことをする時間が減るから

どんな理由で忙しいのかにもよるのですが、基本的に「やるべきこと」に集中していて、その「やるべきこと」に割ける時間が思った以上にとれないから忙しいといえます。

となれば、なんとかして「やるべきこと」に割く時間を増やそうと努力しますよね。

そうすると必然的に「やるべきではないこと」=無駄なことに割く時間は減っていきます。

締め切りがあるから

また、なぜ忙しくなるのかというと、時間がないからですよね。

往々にして締め切りがあるから忙しいといえます。

普通は忙しい状態というのは誰でも本当はイヤなはずです。

イヤだからこそ、忙しくなったときに必死で忙しくない状態、つまり余裕を作りだそうとします。

そのとき、頭も全力で動くし、身体もすばやく動きます。

締め切りがなければダラダラと行動してしまうことは誰でもあるはずです。私はめちゃくちゃありますww

締め切りという時間制限が、自分のパフォーマンスを気づかないうちに上げてくれるのです。

でも、たまにはぼーっとする時間も必要だよね

ただし、そういうときは概して心は置いてきぼりです。

忙しいという漢字は心を亡くすと書きますよね。

頭と身体は激しく動くのですが、そのスピードに心がついていけなくなることがあります。だから、忙しいと人はイライラしがちです。

そして、ずっと頭と身体をハイスピードで動かし続けられるでしょうか?

きっと無理でしょう。そんなことしたら頭か身体か心が壊れます。

だから、反対にぼーっとする時間が必要なんです。

私みたいにぼーっとすることに抵抗感がある人こそ、意識してそういう時間を作らないといけません。じゃないとどこかが壊れてしまいます。

まとめ

・忙しくしている方がパフォーマンスは上がる!

・やるべきことに集中することで、無駄なことをする時間が減るから

・締め切りを意識することで集中力が増すから

・でも安定して高いパフォーマンスを出すためにはときどき休むこと

という感じでしょうか!

要はメリハリですね。

息を吸う時も、たくさん息を吸いたければたくさん息を吐かないといけないですよね。それと同じ理屈なのでしょう。

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする