今日もナナメ上を行く

26歳女性(独身)なんてわりとありふれているはずだけど

calendar

ここ数ヶ月、結婚とは家族とは?なんてことを考えるようになってしまいました。

一昨年(2014年)の秋に大学時代の友人が結婚したこと、昨年の春に就職が決まらないまま大学院を卒業して、そのとき付き合っていた人と別れてしまったこと、昨年の夏になんとか社会人になれたこと、そして昨年の秋にいま付き合っている人と出会い昨年の冬に付き合うようになったこと。

この一連の、友人の結婚→環境の変化→新しい出会いなんてベタな展開、そして結婚適齢期といえなくもない年齢にさしかかったからなのでしょうか。

(ちなみに相手は4つほど上なので彼もまた適齢期だといえます)

出会ってから付き合うまではすぐだったのですが、付き合う前の段階で、

不思議なことに「たぶんわたしはこの人と結婚するのだと思う」と感じました。

「結婚したい」とか「結婚したくない」とか気持ちや感情というよりはむしろ、

運命づけられているというか啓示というか予感めいたものが浮かんでしまったのです。

具体的なイメージが脳裏に浮かんだわけではないけれど、ずっと一緒にいれそうとか、困ったことがあっても二人で乗り越えていけそうだな、とか今まで思ったこともない感じたこともないような妙な自信というか気持ちが浮かんできました。

以前付き合っていた人も確かにすごい好きだったし、結婚を考えなかったわけではなかったのですが、友人の結婚式に行ったときに、自分とその人との結婚式のイメージはどうしても浮かばなかったし、結果うまくいかなかったからお別れをしたのです。

今の人とは結婚式のイメージも不思議とできるし、その先の想像(妄想?w)も浮かんでくるし、今まで付き合ってきた人に少し申し訳ないという気がしなくもないのですが、好きという気持ちの度合いが今までと全然違っていて、自分でもただただ驚いています。好きで好きでたまらなくて四六時中その人のことを考えてしまうみたいな。いい加減落ち着けよお前!!って感じなのですが全然気持ちがおさまらんww

さて、2016年の4月末日はこんなことを書いていますが、数ヶ月後、1年後どうなっているのか。

振り返ったときにちょっと楽しみだったりします。

こういう自分の気持ちを淡々と書いてみて、時間が経ったときに振り返ってみて、もし現実に結婚できたら、それは何か他の結婚したい人たちの役に立つかもしれないし、別の結果だったらそれはまあそれで何かの学びにはなるのかな、なんて思っています。

いずれにせよ、未来や将来の話を自然にできる関係ってやっぱり素敵だし、大切にしたいと思っています。

「今度」「いつか」って結構曖昧で無責任な言葉だと感じられることも多いけれど、そういった会話の中のところどころに「ずっと」とか「これからも」とか今と繋がっていることを感じさせられる言葉が入ってくると、とても幸せな気持ちになれます。キュンキュンしますw

というわけで、「いつか」待っている未来のために、今日も明日も「これからも」努力して幸せを掴みたいと思っています!!

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする