今日もナナメ上を行く

仕事をやめたくなったけど踏み止まった私がした3つのこと。

calendar

ちょっと前の私は、会社をやめたいと思う気持ちがムクムクと大きくなってきていて、軽く病んでました。

仕事以外のプライベートでの悩みもあったのも確かだけれど、毎日やっているこの仕事は私にとって何の意味があるのか?人間関係もあまりいいとは言えないしストレスは溜まる一方で…

結局このモヤモヤした悩みは、プライベートの悩みが解決したこと、チーム編成が変わって人間関係の悩みも軽減されたこと、そして仕事自体の内容も変わってやり甲斐がでてきたことから割とすっきりしてしまいましたが笑

でも、今もめちゃくちゃ辞めたいっすwwwって気持ちも存在しつづけています。

通勤電車なんか乗りたくないし、昼前までだらだらしてたいし、休日も平日も昼間からビールのみたい。

しかし今すぐ会社を辞めてどうするのか。自分には何もない。

貯金もスキルもコネも。友達だって少ない。

それが嫌だから、それじゃ困るから数年は東京でがんばってみようと思って来たのだった。

仕事が忙しい時期は、毎日毎日残業が当たり前で、21時くらいに帰れればまだいい方。

最近は23時過ぎまで働いて、終電間際で帰る日々が続いていた。

そんなとき、私は一体何をやっているのだろう?とついつい考えてしまう。

誰も私の頑張りなんて認めてくれないし、吐き出したい気持ちや言葉がたくさんあるのにそれは誰にも届かないし誰も聞いてくれようとしない。そんな虚しさが心に渦まいてしまうのだ。

っていうようなことを考えてしまうことはきっと誰でもあると思います。

そんなとき、大事なのは自分の疲れきった心をどうやって回復させるか。

また心がボロボロになってしまうときに備えて、まとめておこうと思った次第です。

1.とにかく仕事の手を抜くことを考える!

仕事で頑張りすぎて疲れてしまったのだったら逆のことをすればいい。

つまり、仕事をセーブすれば疲れも軽減されるわけです。シンプルです。

周りに体調が悪い、とか元気がどうしてもでない、とかあらかじめ伝えておくとわかっても   らいやすいです。

そのためには最低限でいいとは思いますが、普段から人間関係に気を遣っていなければ協力は得難いと思いますのでご注意^^;

2 . 1日くらいバックれてもいいんじゃない?

普段の仕事を減らしても元気が出ない。なんだか朝起きれなくなってきて遅刻気味だよ。。。。

ってなってきたそこのアナタ!もう休んじゃいましょう!!

体調不良だといって休んでしまいましょう。そのまま仕事にいってもあなたが消耗してしまうだけです。仕事のことは一切忘れて、思いっきり休みを楽しみましょう。

土日は人が多い場所でも平日なら空いているので出かけるのもいいし、家に引きこもってマンガや映画三昧もいいですね。

思いっきり寝るのもおすすめです!心が疲れている、と思ったら実は体の方がもっと疲れていたけど、案外気付かなかった。ということもあるのです。

3. おいしいものを思いっきり食べよう!カロリーも仕事の悩みも忘れながらね!!

上記でも書きましたが、心より実は体の方がダメージが深刻だったけど、それに気づいていない。

という場合があります。毎日毎日残業して、ギュウギュウの満員電車なんか乗ってたら体が疲れてもおかしくないでしょう。

そしてなによりゆっくり休む時間を確保できていないのだから、むしろ疲れていないはずがない!と疑ってみたほうがいいくらい。

なので、体をいたわることも意識してみましょう。

以上3点を実践してみるだけでも、結構違ってくると思います!

私は実際そうやって回復できたと思います。

仕事を減らしてもらって早く帰れるようにしてもらったし、

体調不良ということにして、大好きな美術館に行ったり、いっぱい寝ました。

そしてお酒とつまみをカロリーや糖質についてはいっさい目をつむり、好きなように飲んで食べました。

そうすると、ネガティブモードでどうしようもない自分がちょっぴりかもしれないけど、

ポジティブ寄りになってくるのです。

その状態で考えると、

「今自由に使えるお金があるのも、これまで自分が頑張って働いたからだ!わたしえらい!!」

「いつまでもこんなつらい状況が続くわけじゃない!つらい状況に耐えてるわたしえらい!!」

「仕事以外のプライベートの問題で悩むから良くないんだ!それに気づいたわたし(略

って具合に納得できる答というか、改善すべきポイントというのが見えてくるのです。

私の場合はプライベートの悩みと、仕事の人間関係で結構悩んでいたので、そこを解決するようがんばりました。仕事そのものよりな!!

というわけでみなさんも東京やそれ以外のどこかで消耗して辛くなったら試してみてください!

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする