今日もナナメ上を行く

ストレングスファインダーで自分の強みを見つけよう【着想/自我/戦略性/収集心/未来志向】

calendar

reload

ストレングスファインダーで自分の強みを見つけよう【着想/自我/戦略性/収集心/未来志向】

こんばんにちはー!さんしちです。
みなさんはストレングスファインダーって知ってますか?

自分の強みを見つけるテストなのですが、これが仕事でもプライベートでもとっても役に立つのです。
なぜかというと、「人間の悩みのほとんどは人間関係の悩みだから」であり、自分の特性を把握しておけば、人間関係の悩みはある程度解消できる」からです。

今回は「ストレングスファインダーで自分の強みを見つける方法と、それを活かす方法」について書きました。
自分の例を出して進めていくので、特にわたしと似たタイプの人がいればきっと参考になると思います!

 

ストレングスファインダーとは

ストレングスファインダーは、アメリカの世論調査と組織コンサルティングのギャラップ社が「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発したツールです。Webサイト上で177個の質問に答えていくことで、自分の強みを知ることができます。

個人で受けている人も多いですし、会社単位で導入しているところもたくさんあります。
また、ブロガーさんでも受けていて結果を公開している人は結構いる気がします。わたしもストレングスファインダーをやろうと思ったのはブログきっかけだったりします。

ストレングスファインダーの受け方

ストレングスファインダーの受験方法ですが、大きく分けて2通りあります。

  1. 書籍「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」を購入する
  2. ギャラップ社のホームページから直接テストを受ける

おすすめは1の方法です。本に受験するまでの方法が詳しく書かれていますし、各強みについて説明が詳しく書かれているので、受験後に参考にするときにも便利なので手元に置いておくといいです。ちなみに中古で買ってしまうとテストを受けられないので、必ず新品を買いましょう!

また、ホームページからアクセスした場合、今回ご紹介するストレングスファインダー以外のテストのページにもアクセスできてしまうので、違ったテストを受験してしまうという危険もあります。
中古で本を買ってしまい受験コードが使えない場合や、本を増やしたくないミニマリストな方は以下の方法を参考にしてサイトから受けてみるといいです。
参考:ストレングスファインダー®の受け方・診断方法

具体的なやり方は書籍やウェブサイトを参考にしてください。受験コードの登録からテスト完了まで1時間くらいあれば十分でしょう。

 

ストレングスファインダーの結果

受験おつかれさまでした。全ての質問に回答が完了すると結果がでます。ちなみにわたしは「着想」「自我」「戦略性」「収集心」「未来志向」の5つでした。自我ってww

こんな感じで自分のTOP5の強みを確認することができます。ちなみに追加料金を払うと34項目すべての順番が見られるので、自分が苦手なことまでわかります。ちなみにわたしがやってみたところ、ワースト5は調和性、成長促進、分析思考、責任感、公平性でした(公平性がワースト)。
上司には絶対向いてないタイプかもしれませんww

  • 各強みがどんなものかはダッシュボード(ログイン後に最初に表示されるページのこと)の中ほどにある「レポート」で確認できます。
    書籍をお持ちの方は書籍をみてもいいでしょう。
  • 特徴的な資質レポート
  • 強みのインサイトガイド
  • 強みのインサイトと行動計画ガイド
  • 資質レポート(TOP5のみのテストではおそらく非表示)

上記の4つのレポートがありますが、まずは「特徴的な資質レポート」と「強みのインサイトと行動計画ガイド」を読みましょう!

ストレングスファインダーの活かし方

ストレングスファインダーは、冒頭でも書きましたが多くの企業・個人が受験しているので、情報がたくさん世に出回っています。
試しに「ストレングスファインダー 自我」で調べてみます。(気になりますよねw)

出てくる出てくる。

自分の持っている強みがどんな特徴なのか、公式サイトでの解説でも詳しく解説されているのですが、もともとアメリカのものなので翻訳が少し硬くて??ってなる箇所もあります。また、具体的に活かすにはどうしたらいいのかも、レポート画面だけではわからなかったりします。

そんなときにググれば糸口が見えてくるというのはポイントが高いですね!

ストレングスファインダーの活かし方については、わたしは「自分コンパス」さんを参考にすることが多いです。
めちゃくちゃ情報がたくさんあって、ついつい時間を忘れて読んでしまいます・・・!

また、都内で不定期で開催されているようですが、同じ強みを持った人同士がグループになって、特定のテーマについて話し合い、結果を共有するというワークショップもあります。
実際に同じ強みを持つ人同士で話すことによって、強みの再確認や自分でも気づかなかった面を発見することができるのでとてもよかったです。
参加した時のレポートはこちら

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする