今日もナナメ上を行く

チルアウトすることの大切さ。

calendar

reload

チルアウトすることの大切さ。

みなさん、「チルアウト」とか「チルする」って言葉を最近聞きませんか?
なんかおしゃれで今っぽい感じがしてかっこいいですよね。

チル(Chill)というのは英語で冷やすという意味なので、チルアウトというのは高ぶった心を落ち着けようぜ!って感じの意味になります。
最近よく聞く言葉ですが、一時的な流行りで終わらせないで、日本にその価値観が根づけばいいのになあ、と思っています。

今回は「忙しい人にこそ意識してほしい、チルアウトの大切さ」についてです!

チルアウトとは

みんな大好きWikipediaの情報によると、もともとのチルアウトの意味は、

チルアウトはジャンル名であると同時に、ダンスフロアにいる客たちにダンスで火照った体を休め、落ち着かせる機会を与えるためダンスフロアの端にしつらえた落ち着いた(Chill)部屋で流される音楽からも来ている。

とのことです。

今っぽい解釈だとこんな感じでしょうか。

高揚感や興奮など、気持ちが高ぶったあとにクールダウンする時間だといえます。

現代人こそ意識したいチルアウト

なぜチルアウトが今わたしたちに必要なのでしょうか。
言い換えればこれだけわたしたちが「チルアウト」という言葉を使いたがるのでしょうか。

それは「ONとOFFの切り替えがしにくくなった時代だから」だと思うのです。
IT化が進んだおかげでわたしたちはいつでもどこでも誰かと連絡を取り合うことができるし、自分から簡単に情報にアクセスできるし、反対に誰かに情報を届けることだってできるようになりました。

ですが、翻せば「いつでも何かに縛られてしまう」ということでもあります。

スマホがあるおかげで、いつでも、休みの日だとしても仕事の連絡が見れてしまう。大好きな人とも連絡がいつでもつながるけど、大嫌いな人ともいつでもつながりうる。

こんな状態で、わたしたちはON/OFF、チルアウト的な表現をするのであれば、気持ちが高ぶって張り詰めたホットな時間と、くつろいだりぼーっとするチルな時間の切り替えがうまくできない人が多くなってしまったといえます。かくいうわたしもその1人です。

チルする時間がなければ、オーバーヒートしてしまって、大切な何かを失ってしまうかもしれません。

やってみよう、チルアウト

というわけで、自分なりにチルアウトする方法を考えてみました。仕事終わりやお休みの日にぜひ試してみてください!
どれもそんなにお金もかからないし手間もかからないようなものです。

  • ただひたすら寝る
  • シーシャ(水タバコ)を吸う
  • 音楽を聴いてぼーっとする
  • お酒を片手に街をふらふらする
  • おいしいコーヒーを飲む
  • 詩集を読む
  • エアギターをする
  • 頭を使わない映画やアニメを見る

個人的にお酒片手にふらふら散歩するのは最高のチルアウトだと思ってます。
人によって合う合わないはあると思うのでいろいろ試してみるといいでしょう。

チルアウトしなさすぎて鬱っぽくなりそうな場合は、借金玉さんのモーメントを読むとチルアウトのヒントを見つけられますよ!

おまけ:チルアウトという飲み物があるらしい。