今日もナナメ上を行く

電車通勤の時間を消耗しないで使う方法を必死で編み出したから紹介する

calendar

こんばんにちはー、電車通勤大嫌いなさんしちです。普段はリモートで働いているので、この圧倒的精神的苦痛からは逃れられているのですが、たまに出社しないといけないんですよねえ。

どのくらい嫌いかというと、

https://twitter.com/3710official/status/953059780850941952

っていうクズみたいなツイートを思わずしちゃうくらい嫌いです。

それでも仕事なのでどうしても電車通勤しないといけない時はある。その悪夢から逃れることはできません。だから立ち向かうしかない。
というわけで今回の話は「苦痛な電車通勤を少しでも和らげる方法」について書きます。
(一番いいのは電車乗る人が減ることだよね・・・おっと誰か来たようだ)

電車通勤の苦痛を和らげる方法その1:ひたすら音楽を聴く

多くの人がやっていると思いますが好きな音楽を聴いてみましょう。

スマホのデフォルトでついてるイヤホンも悪くはないのですが、耳にしっかりハマるタイプのものがおすすめです。わたしはこれを愛用しています。

ワイヤレスのものだとマフラーなどに絡まったりすることもないし、スポーツの時にも使えるので大変便利です。
満員電車の中だと人に引っ張られて危ない目にあったりするので、ワイヤレスはガチでオススメですよ。

わたしはamazon prime musicを使って聴いてます。amazon primeが提供するサービスで、年3900円で音楽聴き放題になるんです。月じゃなくて年額で3900円なので月当たりだと300円を少し超えるくらいで色々なサービスを受けることができるってすごいですよね!

電車通勤の苦痛を和らげる方法その2:動画に意識を集中する

上でご紹介した、amazon primeですが、なんと動画もたくさん見れるんです!映画もアニメもドラマも見放題なので、事前にダウンロードしておけば、電車通勤でも気を紛らわせられますね!

スマホの容量が心配であれば、WiFiを持って行けば気にせず動画を見ることができますね。オススメのWiFiについてはこちらの記事で説明していますので、WiFiを導入しようか悩んでいる方はぜひこちらも御覧ください。

電車通勤の苦痛を和らげる方法その3:ひたすら漫画の世界に入り込む

電車通勤では読書をして過ごす人も多いでしょう。ですが満員電車で本を広げて読むのって大変ですよね。
電子書籍ならスマホだけで読むことができるので、かさばらずに読むことができます。

スマホだけでなく、専用の読書リーダーもあり、紙の質感を再現して読みやすいようになっています。
こちらの端末はamazonでダウンロードした電子書籍を読めます。

上記の端末ではダウンロードできませんが、他にも電子書籍をダウンロードできるサイトなどもあるので、好みの漫画を探してみるといいですよ!
イーブックジャパン
日本最大級の漫画の取り扱い量なので、ずっと気になっていたあの漫画もこの漫画も見つかるかもしれません。また、無料で読める作品もあるので、まずはこちらのサイトから探してみてはいかがでしょうか!

 

電車通勤の苦痛を和らげる方法その4:瞑想で現実の悪夢から解脱する

混んでいる電車ってなんだかそわそわしたりイライラしませんか?めちゃくちゃ気が散ったりしませんか?
そんな時に有効な手段が瞑想です。瞑想っていうとなんだか難しそうでとっつきにくそうな感じがしますが、やることはとっても簡単で電車の中でもできちゃいます。

  1. 目を閉じます。もし電車以外でやるなら座ってあぐらをかくといいですよ。
  2. 自分自身の呼吸に意識を向けます。どんな息の吸い方、吐き方をしているのか、体の動きや変化に注目してみましょう。
  3. 途中で色々なことが思い浮かんだりしますが、全部スルーしましょう。呼吸にだけ意識を向けます。

まずは5分くらいやってみましょう。終わった頃にはなぜか頭がスッキリした感覚が得られますよ。
たったこれだけのことなんですが、わたしも初めてやった時はびっくりしたくらいスッキリした感覚を得られました。

もっとちゃんと瞑想のことを知りたいな、という方にはこちらの本がおすすめです。

まとめ:電車通勤って大変だよね、一緒に頑張ろう

こちらの記事が電車通勤の苦痛を少しでも和らげる助けになれば幸いです。

普段は大丈夫でも、最近通勤するのに電車に乗るのが苦痛でしょうがない、とか会社に行くのが嫌すぎて朝起きられない・・・という方はいっそ転職するのもアリです。

わたしも実際に転職した時に使いましたが、転職エージェントを使うと働きながらの転職活動はとっても楽になります。

仕事しながらの転職活動は無理じゃない!その答えは転職エージェントである

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする