3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

会社を辞めたい、仕事が辛いと悩むあなたに聞いてほしい「勤めるリアル」という曲について

calendar


こんばんにちはー!ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷さんに最近髪型が似つつあるさんしちです。(気になる人はググってみてね!)
みなさんはゲスの極み乙女。の「勤めるリアル」という曲を知っていますか?
シングル曲や何かの主題歌になった曲ではないので、どちらかといえば”マイナー”な曲ではありますが、「働く意味とは何か?」「自分は何のために仕事をしているのだろう?」という悩みを抱えている人にぜひ聞いてみてほしい曲です。

わたしも前の会社を辞める直前はこの曲をずっと聞いてました。
今回の話は「仕事の壁にぶつかった時に聴きたい、”勤めるリアル”の曲の魅力」についてです。

会社を辞めたい、仕事が辛いあなたに勧めたい「勤めるリアル」とは

「勤めるリアル」はゲスの極み乙女。のアルバム”両成敗”に入っている曲の一つです。ポップでメロディアスな雰囲気ですが「もう辞めちゃおう〜辞めちゃおう〜」なんて感じで歌詞はあまり穏やかではありません笑。
いくつか歌詞を抜粋しますので、普段の仕事の姿勢を思い浮かべながら読んでみてくださいね。

長時間座ってるだけ

自称デスクマン 29の男子

彼女なんていないですよ、はい

定時退社はできるけど

別に何かしたいわけじゃないから

なんかめっちゃむなしい。。彼女の一人でもいれば違ってくるのかもしれませんが笑、「定時退社できるのに、別にしたいことがない」ってなかなか枯れた人生に思えてきます・・・。

さらにインパクトがでかいのが以下のサビ部分です。この辺サビなんです。これカラオケで歌う人かなり病んでそう

もう辞めちゃおう

辞めちゃおうって思って3年経った今日

辞めちゃおう 辞めちゃおう

でも本当は恋くらいしたかった

したいんかーい!!って感じですが笑、「辞めちゃおうって思って3年経った」ってなかなかに恐ろしい現実ですよね?
26の時から同じことずーーーーっと悩んで今や29ってやばくないですか??

26の時点でさっさと辞めちゃっていれば、ぜんぜん違う景色が見えていたかもしれない
もっとたくさんの可能性や選択肢に出会えたかもしれないし、なんなら彼女の一人や二人できたかもしれない笑。

わたしがもしこの曲の主人公の立場だったらと想像するとかなりゾッとします。ここのフレーズが一番グサッときて結果的に会社を辞めました。

とはいえ、辞める決断をするのって、やっぱり迷いますよね。悩みますよね。辞めるってこと自体労力かかりますし面倒ですよね。

辞めると思うと居場所がなくなってしまいそうで

何故だかやるせない気持ちになってしまったんだ

 

まあ、3年も迷うくらいですものね。それだけ会社が自分の生活、自分自身の一部になっているのでしょう。
新しい環境にたどり着けるかどうか、新しい環境でうまくやっていけるか、自分の居場所はそこにあるのか。とても不安になりますよね。
そんな不安な気持ちと現状のイマイチやる気が出てこない気持ちが入り混じってやるせない気持ちに拍車をかけますね。

そして曲のラストは以下の通りです。直前の部分で「漫画や映画の見過ぎなのかもしれないなあ」なんてぼやきつつ、「自分が”辞めます!”って言った時の上司の反応を見てみたいなあ」なんてことを言ってます。

辞めちゃおう 辞めちゃおう

もうなんかどうでもよくなった

どうでもいいはずなのにまたやるせなくなって

馬鹿だな 馬鹿だな って思って小説を開いた

あなたはこのラストで何を思いますか?
「自分もそうだなあ」って主人公に姿を重ねますか?
「別にこいつ辞めたくないのかも?むしろ今の職場で満足してるんじゃね??」って思いましたか?
それとも「いや、現実逃避してるやんww」ってツッコミたくなりましたか?

「勤めるリアル」から、私たちは自分を戒めたほうがいいかもしれない

少なくとも、本当に会社を辞めようと思っているなら、現状に満足していないのなら、「勤めるリアル」の主人公の行動は「完全にアウト」です。

結局「辞めるきっかけ」が向こうから来てくれることを望んで、自分からは何も動いていないんです。
また、動くために何か考えているわけでもないですよね。毎日同じことの繰り返しで現実逃避。未来のことなんて考えてないし今の自分にも期待できていない。そんなんじゃ一生転職できないし、仮に転職できたとしてもうまくいかないでしょう。おそらく幸せになんてなれない。

「別に何かしたいわけじゃないから」とか言いつつ「でも本当は恋くらいしたかった」ってめっちゃ他力本願じゃないですか?
恋くらい自分で探さんかいゴルァ(゚Д゚)!!!!!って話ですよね。「したいこと」はちゃんとあるんですよ。

どんな小さなことでもいい、「彼女を作ること」でもいいし、「お金がたくさんほしい」とか「かっこいい仕事をしてちやほやされたい」でも別にいいんです。それで自分が満たされるんだったらいいじゃないですか。そうやって少しずつ満たされていけば、自分の「本当にしたいこと」が少し見えてくるかもしれない。

重要なのは自分の頭で考えて動くことです。いやもう考えなくていいから動け。その方がいいです!
今まで動いていなかったから状況が変わらなくて、やるせない気持ちになるんです。動け動け動け!!

働き方を見つめ直したい人にはこちらもおすすめ

とはいえ「仕事を辞めるといってもまずは何からすればいいのかわからない」「そもそも本当に会社を辞めるべきなのか結論がついていない」なんて人もいるでしょう。わたしもそうでした。迷って悩んで仕事のやる気がなくなって鬱っぽいツイートばかりして…あああ黒歴史だね!!

そんな迷える子羊のみなさまが黒歴史を作らないように、働き方を見つめ直したり会社を辞める勇気を得るために、すぐできそうな手段をいくつかご紹介します。とりあえずあれこれ考え出す前に騙されたと思ってやってみてください!

働き方に関する本を読んでみる

仕事や働き方で悩んだ時、わたしはいつもこの本を読んでます。このブログでも何回か紹介してるんですが、歴史上の偉人や経営者などの名言やエピソードがふんだんに紹介されており、「こんな悩みを持っているのはわたしだけじゃないんだ!」「みんな同じような悩みを持っているんだなあ」「あ、この人よりはましかも笑」という具合に救われるのでとてもオススメです。

もちろん続編も持ってます。本で紹介されている人がそれぞれ違うので、好みで選んでもいいかもしれません。

また、これは自分への戒めでもあるのですが「主体的になれない人間は幸せを掴み取ることはできない」とよーーーーく肝に銘じておきましょう。「勤めるリアル」の主人公のように、辞めるきっかけも自分自身で探して見つけ出そうとしない、したいことについてちゃんと考えているわけでもないような人間がうまくいくと思いますか?多分無理ですよねw

「主体的になる」というのはどういうことか。この本がおすすめです。

ビジネス本や自己啓発本に詳しい方なら聞いたことがあるかもしれない「7つの習慣」ですが、正直元の本は分厚くて読むのが大変なのでマンガ版が手っ取り早くて頭に入りやすいです。「自己啓発書なんて怪しそう・・・」って思っていたのですが別に怪しい内容ではなく理論的で、初めて読んだ時は目からウロコが落ちました。
会社や恋人、友人などの人間関係など日常生活に即したエピソードに沿って物語が展開していくので読み終わった時にはきっと「主体的な自分」になれているかもしれません

転職エージェントに相談してみる

自分でくよくよ悩んでも結論が出ないことってたくさんあります。だからこそ実際に動いたり第三者の力を借りることが悩みを解決するための一番の糸口になるのです。辛い時は誰かに頼ろう。そんで元気になったら誰かを支えよう。

とりあえず転職のプロである転職エージェントに相談してみましょう。相談から実際に転職するまで全て無料で対応してもらえるので、迷ってるくらいならとりあえず登録から始めてみてはいかがでしょうか。

首都圏の営業職求人多数。マイナビの人材紹介サービス マイナビエージェント

マイナビ以外にもオススメな転職エージェントや、エージェントを使うときのメリットや注意したいポイント以下の記事で説明しているのでよければこちらも読んでみてくださいね。

仕事しながらの転職活動は無理じゃない!その答えは転職エージェントである