今日もナナメ上を行く

忙しい人のインプットにオーディオブックをオススメする理由

calendar

reload

忙しい人のインプットにオーディオブックをオススメする理由

こんばんにちはー!さんしちです。みなさんの情報源って何でしょうか?
twitter?テレビ?新聞?それともラジオや口コミでしょうか。

忙しいとなかなか情報を取り入れてインプットするということも疎かになってしまいがちです。
そんな時におすすめしたいインプット手段が「オーディオブック」です。

オーディオブックというのは音声で本を読み上げてくれるサービスのことです。
今回は「忙しい人にこそ勧めたい、インプット手段としてのオーディオブック」についてです。

忙しい現代人がインプットの効率を上げる必要がある理由

月並みな表現で恐縮ですが、今の時代って情報の量も多くて、それらが流れるスピードも早くって、そいつらが結びつくスピードも早いんですよね。
そうなると流行とか価値観の変化というのもめちゃくちゃ早くなりつつあります。次から次へと新しいサービスが生まれては消え、ちょっと前までは「えっ何それ絶対流行らないでしょww」って思っていたようなものが市場の主導権を握ったりしています。
仮想通貨とか5年前、3年前なんて注目していた人はほとんどいなかったでしょう。

それはさておき、時代の流れについていきたいと思うなら、情報を効率良く手に入れ質の高いインプットをする必要があります。

そんな時にオーディオブックがとても役に立ちます。

 

オーディオブックのここがすごい!

・プロが読み上げてくれるから聞き取りやすく頭に入りやすい!

アナウンサーや俳優さんなど、いい声・いい話し方のプロの人たちが読み上げてくれるので、とっても聞き取りやすいです。
そして聞き取りやすいと頭にも入りやすいですよね。

・音声だから手が離せなくてもインプットできる!

音声の強みとして、再生速度も変えることができるので、速度をあげればインプット量もあがりますし、聞き取りづらい、ゆっくり聞きたいという箇所は速度を落とせばいいですね。

また、満員電車で本や新聞を広げるのが難しいときでも、オーディオブックならイヤホンさえあれば「ながら読書」ができるので、通勤時間を有意義なものにできます。

・音声だから目が疲れない!

スマホにパソコンなど、わたしたちは1日中液晶を見ているときだって珍しくありません。
そんなときにさらに本を読もうとしたら、なかなか目に負担がかかりますよね?

音声なら聞くだけなので目にも優しいですし、アイマスクなどで目を休めながら読書を楽しむ、なんてこともできちゃいます。

・ダウンロードするだけだからかさばらない!

オーディオブックのいいところは実際の本を持ち運ぶ必要がないこと、電子書籍よりもデータ量が少なくてすむことなどがあり、ミニマリスト的な嗜好の方にもおすすめだったりします。紙の本の良さは確かにありますが、たくさん買ってしまうとどうしても場所をとってしまいますし、持ち運ぶとかさばって重いですよね。

 

オーディオブックはここで手に入れられる!

オーディオブックのサービスでおすすめなのは以下の2つです。

・Audible(オーディブル)

無料体験を試そう – Audible (オーディブル) 会員登録

Audibleはamazonが提供しているオーディオブックのサービスのひとつです。月額1500円ですが、無料体験期間があるので、試しに登録してどんなものか試してみるといいです。

・FeBe(フィービー)

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

こちらはオーディオブックでは大手なので、ジャンルの幅も取り扱い数もAudibleより多いです。
基本的に買い切り型なので、気に入った本があれば買う、Audibleでなかったものを購入する、という使い方がいいでしょう。

オーディオブックで効率良くインプットしよう!

オーディオブックは基本的に、手が離せない時や目を休ませたい時におすすめです。

  • 通勤電車
  • ドライブ
  • 家事をしている時
  • 旅行中
  • 寝る前

また、荷物を減らしたい時にも便利ですよね!

効率の良いインプットの方法として「ペア読書」もおすすめです。こちらは2人で行いますが、その分インプットもアウトプットもできて大変効率が良いのでおすすめです。

ペア読書が積ん読の人に最強にオススメな件

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする