今日もナナメ上を行く

理不尽さと向き合って、這い上がる手段はブログだった

calendar

先日交通事故に遭いました。自転車に乗っていて、すっ転んで歩行者にぶつかったら地獄をみました。

自転車事故の恐怖とそこから逃れる対策について書く

自分の無知さが原因で起こった事態ではあったのですが、その無知さ故にとてつもない精神ダメージを受けました。この辺の経緯については後日また詳しく書こうと思います。

一言で表すならば「なぜ自分がこんな目に遭わなければならないのだろう?」です。この言葉が何度も何度もよぎりました。つらかった。まじ理不尽。

でも起こってしまったことはしょうがないし、事実に対してどう解釈するかはその人次第。

今回は「理不尽なことが起こった時にどうやって乗り越えるか」について書きました。

 

「運の悪さ」「無知さ」が起こす理不尽さ

https://twitter.com/3710official/status/936159330096660480

世の中の失敗や悪い出来事は、運が良ければ、あるいは事前にある程度知識や知恵があれば大体回避することができます。

「理不尽なこと」正確に言えば「理不尽に思えること」が起こった場合、運が悪いことや無知さ故に事前に対策を立てられなかったことが原因になることが多いです。

今回のわたしの自転車事故は、「前方から猛スピードで走ってくる女性がいなければ」、あるいは「車道を走るか自転車を押して歩道を歩いておけば」、起こり得なかったことです。起こってしまったことに対してすごく凹みましたし、自分を責めまくりましたが、過去は過去なのであり、いくら足掻こうが泣き叫ぼうが自暴自棄になろうがもう戻らないのです。

理不尽なことは理にかなわない(と自分が思う)から理不尽なのです。変えられない過去を悔やむより、変えることができる今や未来に向き合いましょう。

 

変えられるのは今と未来だけ。

そう、過去は変えることはできません。(もしタイムマシンを持っている猫型ロボットが知り合いにいるよ!という方はぜひ紹介してください←)

「人間はどうしても理由を探してしまう生き物である」と何かの本で読みました。だからどうしても過去の事象に対して「なぜ?」と問いを立ててしまうでしょう。

納得できる答えにぶつかるまで何度も何度も考えてしまうんですね。でも理不尽なことに対してそんなことを考えてもエネルギーの無駄遣いなんです。

過去は過去と割り切って、今この瞬間から、よりよい未来のためにできることは何かを考えることを優先させましょう。

過去を最大限に活かすためには、冷静になって起こったことを振り返り、今後どんな対策を取るかを考えることが必要です。

その対策を取りつつ、今の自分の考え方や意識を変えて、新しい未来を切り開いていくのです・・・!

 

苦難を乗り越えられるのは自分だけ

https://twitter.com/3710official/status/938787949516226560

とはいえ、そんな簡単に割り切れません。

わたしは今シェアハウスに住んでるんですが、住民のほとんどがこの件についてスルーでした!(ちなみに誕生日もほぼスルーされました。もう引っ越しますw)

本当は寝食を共にしている家族にも近いような人たちに話を聞いてほしかったし、心がへし折れそうなことも何度も何度もというか慢性的に黒いモヤが胸に巣食ってる感じしてるのに、グループLINEは楽しそう。つらかった。いやぶっちゃけ今もつらい。

 

・・・ちょっと脱線してしまいましたが、結局のところ困難にぶつかった時に乗り越えるのは自分自身であって、他の誰かではありません。

誰かの意見は誰かの意見であって自分のものではありません。苦しい時こそ自分自身と向きあって答えを出さなければなりません。

 

自分の気持ちを吐き出して、そっからそれを糧にできるのがブログの素晴らしさ

https://twitter.com/3710official/status/938797271801458694

状況が落ち着くまでの数日間、だいぶ精神的ダメージを食らっていました。会社員なので平日は「ふあああああ・・・」「はああああ・・・・・」「グギギギギ・・・」などとため息と奇声を発しつつ、なんとか仕事をこなしておりました。(こなせてなかったらごめんなさい)

 

周りに誰かがいるうちは大丈夫なんですが、やはり一人になると上記のうめき声なんかの比じゃない叫びが心の中で発生し、頭の中はぐるぐるしてしまって何も手につかなくて、とりあえず体を休めようとしても心臓が不安でドキドキして全然眠れなくて。

数日ならまだなんとか耐えられましたが、これがもし1週間とか10日とか1ヶ月続いたとしたら。さすがに自分は今の自分でいられないでしょうし、周りにいる誰かを傷つけてしまって取り返しのつかない人間関係のダメージを与えていたことでしょう。

そんな時、ほぼ無意識にエディタを立ち上げてブログを書いてました。ぐっちゃぐちゃの文章。まとまりのない脈絡。とても世に出せないけれど、自分が自分のために各記事と思って一心不乱に書きました。

頭の中にあること、心の中でモヤモヤしている何か。とりあえず不完全でもいいから全部吐き出すつもりで書き殴ったら、不思議とスッキリした心境の自分がいました。

 

「普段からブログ書いててよかった」と本当に思いました。自分が自分のために書くブログは自分の救いになり、自分が誰かのために書くブログは誰かのためになります。ブログって本当素晴らしいと思います。(ちなみに上記のツイートで言及した「ブログ」はこの記事ではありません笑)

 

まとめ:理不尽なことが起こったらこうしてみよう

理不尽なことが起こった時は、何と言ってもまずは冷静になることを考えましょう。落ち着きましょう。できなかったら人に頼りましょう。その時に冷たい反応するような人は今後関わる必要がない人、くらいに思えばいいです。きっと誰かが手を差し伸べ声をかけてくれます。わたしでさえも何人か心優しい方々が助けてくれたのできっと大丈夫です。

ある程度落ち着いたら、自分の頭と心の中身を全部吐き出させましょう。ずっと胸に抱え込んでいると本当に苦しいです。なるべく早くやってしまいましょう。

そして問題が解決したり自分の心が落ち着いたら、はじめてその時に「理不尽な出来事」に向き合ってみましょう。そして今後の糧にするよう対策を練り実行していきましょう!

わたしの場合はブログを書くことで「気持ちを吐き出すこと」「今後の糧にしていくこと」ができました。(現段階だとできそう、が正しいかもしれません。。)

 

最後にささやかなお願いなのですが、交通事故でかなり(財布と心に)ダメージを受けました。

心優しい皆様、ぜひご支援して頂ければ嬉しいです・・・;;!

https://polca.jp/projects/MzRtCaq6gJq

(この記事の拡散だけでも嬉しいです!)