今日もナナメ上を行く

もっと成果を出したい気分なので仕事のスピードを上げるコツを研究してみた

calendar

こんばんにちはー!パラレルワーカーのさんしちです!

みなさんは仕事をするスピードに自信ありますか?

楽しい仕事内容なら時間を忘れて没頭できるし、あっという間に片付けることができますが、苦手な仕事や気乗りしない仕事、難しい仕事だとなかなか捗らないし、そもそも手をつけるのもやっと、という方は多いのではないのでしょうか?言うまでもなくわたしもその一人ですw

今回は仕事のスピードを向上させるハック集をまとめてみました!

スピードハックスで仕事のスピードアップ!

今回参考にしたのがこちらの書籍、「スピードハックス」です。

いきなりは難しいかもしれませんが、この本の中で一つでも真似できることを実践していけば、「できる人」になれるかもしれません!

以下、わたしが真似できそうだな、と思ったものをいくつか抜粋してご紹介します。

 

タスクリストで「後回し」を回避

やることをリストアップするタスクリスト。TODOリストとも言われますよね。

毎日やることをリストアップしていく中で、毎日ずっと居座っているタスクはありませんか?

「時間がかかりそう」「手順がややこしそう」「作業内容がよく分からない」「今日やらなくてもいいや」

なんて言い訳を繰り返していませんか?

わたしもよくやってしまいます・・・w

ですが、これらの解決策として以下の方法が紹介されています。

  • 時間がかかりそうであれば、もう少し小さな単位の作業に分ける
  • 手順がややこしそうであれば、手順ごとに分ける
  • 作業内容がよく分からないのであれば、タスクの名前を適切なものに変える
  • 今日やらなくて支障が出ないものでも、今日のうちにできる作業がないか確認する

これらのポイントは「とにかくタスクを分解すること」ですね!目に見えない、把握しきれない大きなタスクだと着手するのが億劫になり後回しにしがちです。

そしてタスクを細切れに分解することで、達成感を味わいやすくなるのです。

 

懸案事項を全て書き出す

気になることを全て書き出す、ということなのですがただ単に思い出せるだけのことを書き出すのではなく、長期記憶のような頭の片隅にありそうなものまで根こそぎ引きずり出して書き出すことがミソです。1時間では不十分です。3時間ほどたっぷりと時間をかけて頭の中を洗い出してみましょう。

そうやってたっぷり時間をかけて出したものは、思い出すのにそれだけの時間がかかるということでもあります。

3時間かけて思い出したものを書き出していなければ、またどこかのタイミングで3時間かけて思い出さなければいけない時が来るかもしれません。そう考えると、十分に時間をかける価値はあると言えるでしょう。

そして実際に書き出した事項を以下のように分類してみましょう。

  • やらないことにすること
  • 真っ先に処理すること
  • 徐々に処理すること
  • 後で処理すること
  • いつかやりたいこと

ここでやらないことにすることを分けることが重要です。「やるべきこと」が明確に浮かび上がってくるからです。

 

やらないことは「消して」しまおう

やると決めたのに、ずっと残っているタスク・・・それらはなぜ残っているのでしょうか?

なぜ「今すぐ」できないのでしょうか?

やる気が足りないから?

時間が足りないから?

お金が足りないから?

今それをやったり買ったりすることで後でもっと良い方法が見つかったら、もっと良い製品が出てしまったら後悔してしまうから?

そもそもやる気がないから?

一番最後の答えだったら、今すぐ項目を消してしまいましょう!

タスクリストの目的は「処理すべきタスクを確実に把握すること」なので、やりたいことやいつかやろうとすることを書くメモ帳ではないのです。処理すべきタスクは書いてはいけません!

やる気が出ない時はどうする?

「なんとなく気分が乗らない」という場合は、やろうとしている仕事がマンネリ化してい場合が多いです。

この対処法は「他にやり方はないだろうか?」「普段の作業時間の半分でできないか?」などチャレンジを自分に課すようにしましょう。

また、脳科学者の茂木健一郎氏曰く、

やる気が起きない時は「目の前の仕事に必要ない情報を遮断することができない状態」で、集中力を保てない状態だというのです。(参考:PRESIDENT 2005/12/19号)

そして茂木氏はこのような状況を打破する方法として以下を提唱しています。

  • 自分の置かれている状況を冷静に考えてみる
  • 目の前の進んでいない仕事が終わらなかったらどうなるかを具体的に想像してみる

 

1日を複数のセッションに分け、似た作業はまとめて同じ時間帯にこなす

1日は24時間、一般的なサラリーマンの仕事時間は1日8時間でしょうか。

8時間って長くないですか?その中でも波があったりしますよね。そこで安定したパフォーマンスを出すために、「1日を複数のセッションに分ける」ことが鍵になります。

残り7時間あるのと6時間あるのだと、結構時間があるように感じられますが、「あと1時間しかない」となると緊張感が増しますよね。そのため時間を分割した方が、締め切りを意識しやすくなり、結果としてスピードアップに繋がるというわけです。

そして分割したセッションの中で意識したいのが「似たようなタスクをグループ化」し、「同じ時間帯にこなす」ことです。タスクによって頭の使い方が違うというのは想像に難くないでしょう。なので1つのセッションで1つのグループのタスクをこなすと捗るんですね!

さあスピードハックスで仕事スピードをアップしよう!

いかがでしたでしょうか。ご紹介したもののいくつかを試してもいいし、「俺はもう実践してるぜ!」という方は是非実際に本を読んでみて他のハックも確かめてみるといいでしょう。

 

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする