3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

わたしのプレ退職エントリー

calendar


こんばんにちは。会社で消耗しているさんしちです。

いきなりですが、今の会社で働くのが嫌になってきました

会社員として働いているみなさんは、今の生活に満足していますか?幸せだと心から言えますか?

 

以下はわたしが会社を辞めたくなるに思い至り今後の身の振り方を考える、いわばプレ退職エントリーです。

退職エントリーはよくあるけど、辞める一歩手前のプレ退職エントリーがあったっていいじゃないか!!

今の状況に満足できない、できることなら抜け出したいと思っているそこのアナタ!この機会に、このまま会社にいるべきか否か一緒に考えてみませんか?

 

わたしが会社を辞めたくなった理由

これが揃ったらもう会社辞めよう!」という、仕事を辞める条件がわたしの中にあります。

どこかで聞いたことがあるかもしれませんが、やりがい・お金・人間関係の3つの要素のうち2つがダメならもう辞めちまえ!!ということなのです。

 

結論から言うと今のわたしの場合は「お金」と「人間関係」がダメになりかけています。やりがいはギリギリセーフくらいですね。

どれも「もっといい環境がある」「ずっとこのままとか耐えられない。まぢ無理…」という気持ちが先行しております。

 

お金がなければ生きていけないこんな世の中じゃ…ポイズン

(いきなり古いネタで失礼しますw)

贅沢をしなければ生活していけるくらいだし、ボーナスだってある。

ボーナスもなく残業代もほとんど出ない前職よりは天国ですが、それでも同い年の社会人よりは少ない基準だと思いますし、時給換算すると1000円行くのか行かないのかみたいな水準で、自分がやりたいことをするには正直全然足りない金額だと感じてしまうのが現実です。

 

もっと楽しいことをするにはもっとお金がほしい。もっと誰かを幸せにするのにはもっとお金の余裕がほしい。

これが正直な気持ちです。

以前の自分だったらこんな自分でも雇って頂いているだけありがたい、大したスキルもないような人間が生きていくには会社員としてお世話になるしかない、だから我慢して今の会社で頑張った方がいい。…なんてことを考えていました。

 

しかし、お金がなくても自分の信念・やりたいことにちゃんと向き合って仕事をしている駆け出しの起業家や、不器用なりにも周りの協力を得て着実に成長している新卒フリーランスと呼ばれる子たちがちゃんとお金も稼いで悩みながらも前向きに働いている姿を見ていると、

ただ単に自分に足りないのは「覚悟」や「信念」、あるいは「目標」や「理想」なんだと気づきました。

ただわたしは本当に起こるかわからないリスクにビビって、適当な言い訳を作って、今の状況に甘んじていたんです。

無理して今の会社にいる必要なんて全くないのに、なんだかんだ変化にビビって今の環境に留まるべき理由というか幻想を必死で作り上げていたんです。

 

以前記事に書いたのですが、会社員時代に培ったスキルがやっぱりフリーランスになったときの強力な武器になるということもあるので、結局は当人が何を成し遂げたいか、そのためにどのくらいの覚悟があるのかが鍵になってくるのでしょう。

別に起業やフリーランスだけが全てじゃない。そして今の状況がベストというわけではない。そうならベストの手段を選ぶために行動すべきだ。

ただそれだけなんですよね。

 

沢山の人が周りにいて、キャピっとした女性がいる人間関係に疲れちゃった

続けますが、職場の人間関係はやっぱり大きい問題です。

わたし自身は実は(?)結構人見知りな方で、大人数がいる環境がかなり苦手です。

そして住んでいるシェアハウスも男性ばかりだし、プライベートでも女友達より圧倒的に男友達が多いです(汗)。

それゆえ女性がちょっと苦手だったりします。特にキラキラ女子みたいな見た目もかわいくてキャピキャピした女性は近づいたら殺されるんじゃないかって思うくらい怖いです。

 

お昼休みに休憩室に行くと、動物園の猿かゴリラか何かの生き物のような鳴き声…あ、いや、騒ぎ声にほとほと嫌気がさし、

さっぱり話が噛み合わない先輩にとてもとてもうんざりし、何か話を前に進めるためには「関係各所」とかいうわけわからない人たちに了承をとったり根回ししたり。

気がついたら社内で笑うことはほとんどなくなりました死んだような目をした自分が当たり前になりかけていました。

わしゃあもう疲れたよ。。。

 

わたしにとっての「やりがい」ってなんだっけ?

お金や人間関係。それはむしろ会社を辞める理由の言い訳の手段のひとつに過ぎないのかもしれません。

「このままじゃまずい」と思った一番の理由は、今の環境で働き続けると、わたしが人生で大切にしたい「何か」、何か機会のようなものを失ってしまう気がしたからです。

 

こうしてブログを書いていますが、副業NGの会社で、規模も大きい会社なので身バレを恐れてひっそりと顔出しをせずこそこそと更新しております。

本当にやりたいこと、やってみたいこと面白そうだと思うことがあっても、「会社にバレたらどうしよう、めんどくさいな。。」なんてしょうもない心配をしてしまい勝手にブレーキを踏んでしまう。

 

そんな実際に起こるかどうかもわからない何かに日和ってる自分が何よりも嫌になってきました

会社で働いていて忙しいから…疲れているから…という気持ちが先行して、新しいこと楽しいこと刺激的なことに手を出すことが減ってきた自分がものすごく気持悪く感じられました。

こんなの自分でいいわけない。数年前の自分が泣くよ?きっと嫌だって叫ぶよ??我慢なんてしないよ???

そんな思いがここ数日ムクムクと大きくなってきて、直属の先輩(教育係みたいなもん)とももともとうまくいってないのですが関係がピリついてきて、体調の悪化も重なって仕事へのモチベーションはみるみる下がっていきました。

 

やりたくないことにちゃんとNOと言えない状況ってまずい

ここまでつらつらと書いていますが、こうしてプレ退職エントリーなどという素っ頓狂なものを書くに思い至った出来事がちょうど今日の勤務中にありました。

わたしは電話に出るのがものすごく嫌いです。チャットやメールなどなどいくらでも情報伝達の手段はあるというのに、エンジニアという集中力や正確性を求められる職種だというのに、勤務中に電話を取らされ、どこの席にいるのかわからないような相手に取次をさせられるというクソみたいな所業をさせられることがどうしても気に食いませんでした。

なのでわたしは何回も上司や先輩に怒られても電話に出なかったし、しまいには電源すら入れないでいました。(もちろんこのやり方は短絡的だし、もっと他に取るべき手段があるというのは承知しています)

 

しかし、頑なに電話を取れ、いいから黙って俺の言うことを聞けお前の言い分なんざ知らん、というクソゴミクズの先輩にはもうさすがについていけません。こちらの人間性が腐ってしまいそうです。

以前からコイツの下で働くとか全力で無理だわ…と思っており、週明けから願いが叶い別の先輩の下で仕事をすることになったので、いいっちゃいいのかもしれませんが、部署は変わらないのでそのクソ野郎とは関わらないといけないし、その部署に居続ける限り、わたしは何か無駄なエネルギーを消費し消耗すると確信しました

いまどき電話だなんてナンセンスだ、スケジュールの変更に柔軟に対応できないなんてどうかしてるの?など多々疑問に思うことがあるのですが、そういったことにNOといってもそれがまかり通らない、「いいからやれ」な価値観には、あまり意思が強くなく尊敬できない人間に指図されるのが「まぢ無理ぃ…」って思ってしまうわたしには苦痛でしかなくなってきました。

 

今こそ覚悟を決める時が来たのかもしれない

会社員として働いていればそれなりに仕事を割り当てられて、ちゃんと役に立ってる、仕事してる、なんていう気持ちになります。

でもそれで本当にいいのだろうか。「そんな気になってる」だけじゃないのか

本当は自分はちっとも成長してなくて、成長だと思っているのはただ会社という檻の中で適応する術を身につけているだけなんじゃないのかって。

 

好きでもないような相手、尊敬できないような相手にニコニコして媚びへつらって、一生懸命やってますアピールして、それで手に入れたものは何なのだろう。何が残るのだろう。

どこまでは話してどこからは隠すべきことかわからなくなって結局全部隠して苦しくなって。

(昆虫を食べる人間だと公言してるわけではないこととか、本当は独立して将来的に地域活性化の仕事とかアートの仕事をしたいとか、廃墟や団地が好きで日本酒やジンやウイスキーを毎日のように飲んでいることを話すことはほとんどない)

 

気づけば誰にも心を開けなくなっていて。どうせわかってくれない。話しても無駄なんだ。どうしようもなく苦しくなって耐えきれなくなってきたとき、

じゃあ話してわかる人がいるところに行けばいい。動かないでいる理由がどこにあるんだろう。

そう気づいたときに絶望なんだけど明るくて爽やかな絶望が胸の中にあって。

そうだ、会社辞めよう。


この記事をシェアする