3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

人に嫌われるという幻想/思い込みに囚われていたわたしは一番自分のことを嫌っていた

calendar


「何かやり遂げたことはあるか?」と聞かれてわたしは何も答えることができなかった。

わたしの恐怖心や自信のなさ、どうしたらいいのかわからず迷っている心の中は、すべて見透かされているような心地がした。

「―――大人ってすごいなあ」何も言えず、ぽっかり空いた間を埋めるために、すぐそばにあった酒を啜りつつ、わたしはそっと独りごちた。

 

別に平気だと思ってたのに、人に嫌われるのが怖いと思っていた

こんばんはー虫食いネガティブロガーのさんしちです。ポエミーなはじまりで失礼いたしましたw
先日はひなまつりということで、イチゴを食べていたのですが、虫にイチゴを食べさせたらイチゴ味になるのかな・・・?なんてことを考えてしまいました。

それはさておき、みなさんは人に嫌われるのは嫌だ!怖い!!と感じることってありますか?・・・わたしはかなりあります。

つい先日まで職場の人が怖いと思っていて、ずっとビビっていました。幸いそれは杞憂でした・・・
しかし、割と長い間、「この人はわたしのこと嫌いなんだろうな」という見えないもやもやに悩まされていました。

そこからどうやって抜け出したか、これからどうするかを書き記しておくことにします。

些細なきっかけで芽生えた恐怖心

「わたし嫌われてるのかな…?」と思ったきっかけは些細なことでした。
飲み会でやらかしたとか、ちょっとコミュニケーションで齟齬があったとか、そんなものです
そんな些細なものなんですが、翌日個別でメールで注意されたり、呼び出しされて叱られたりすると、ものすっごく凹んでしまって、その人が怖く感じてしまいました。

「飲み会でやらかしたり、コミュニケーションをちゃんと取れない奴なんて嫌われて当然だ」というわたしの思い込みで勝手に恐怖心を増幅させてしまったのです。

真綿で首を絞められるように心を締め付けられていたよ

新入社員あるあるだよね、若気の至りだよね、と思い込もうとしていましたが、実際のところ院卒のため年齢の割に社会人経験が短く、社会人のしきたりとかそういったものを身につけていない自分がすごく情けなくて、申し訳なくて、勝手にものすごくダメージを受けていました。

なんでもない、気のせいだ、二日酔いで疲れてネガティブになりがちなのだと無理やり思いこもうとしていました。でも、ずっともやもやした気持ちは消えませんでした。

ずっと「この人はわたしのこと嫌いなんだ」という気持ちがあり、しまいには「この人もそうだしあの人もわたしのこと嫌いなのだろう」という具合にどんどん疑心暗鬼自意識過剰超絶ネガティブになって、「みんなわたしのこと嫌いなんだ・・・味方なんていないんだ・・・」なんてどうしようもなく面倒くさい奴になりかけていました。

ネガティブな気持ちは放っておくと、どんどん大きくなって自分を苦しめてしまいますね。

その時期は職場以外の、プライベートな人間関係でも人と関わるのが怖くなっていました。無視されたらどうしよう耐えられないうまく話せない…なんて思ってました。。かなりつらかったです。

つらさが高じてこれまたポエミーな記事を書いてしまったのはいい思い出ですw(※よい子は見ちゃだめ)

勇気を出してさらけ出してみた

いよいよ耐えきれなくて、仕事ツラア…ってなってきて、そのことを知っていた他部署の人に頼んで関係修復のための飲み会をセッティングしてもらいました。
わたしが「わたしのこと嫌いだよね?」と思い込んでいた相手は部署は一緒でも普段直接話す機会がないので、ずっと怖くて、ずっとビビってました。ビビりすぎて飲みながら泣いてましたwww

ですが、実際話してみると相手は別になんとも思ってなくて、「そんなこと気にしてたの?」くらいの感じでした。完全に自意識過剰状態でしたw
コミュケーションがないと、勝手に妄想が入り込んでしまってよくないですね・・・。
そして、人間関係で悩みを抱えやすいネガティブなわたしのことを見越してか、ちゃんと話を聞いてくれ、いろいろアドバイスをいただきました。

 

ーー人間関係が辛いなどのネガティブな理由で動いてはいけない。それだと次の場所でも同じ壁にぶつかってしまう。だから今いる場所で頑張ってみた方がいい。

ーー何かやり遂げたという自信がないから、自分に自信がなくて、迷いも多くなってしまうんだよ。

ーー今目の前のことをしっかり頑張ってみたら、次にやるべきことが見えてくるよ。

ーー過去の失敗は気にしない。でも「これからどうするか」はちゃんと見ているから。

ーー自信なんて自分で作るものだから。平均より優れていると思うものを組み合わせればかなりいい線いける!

 

そんなことをアドバイスしてもらいました。こんな不甲斐ない自分なんかをちゃんと肯定してくれてアドバイスまでくれて…なんて思い、ぼろぼろ涙を落としつつ泡盛を飲んでいました(3杯目)。

 

全ては自分に自信がないことが発端で、それゆえ相手を信じることができなかった

わたしはネガティブで、いつも自信がなくて、ずっと自分のことが嫌いでした。
でも、それってわたし自身が「自信がない状態の自分」である現実を認められず、ずっと逃げていてからなんです

一生懸命生きてなかったから、勝手にいろいろなことを諦めて絶望して、それなのにそんな自分を見て見ぬ振りをしていました。
ですがブログを書き始めて、一生懸命生きている素晴らしい人たちに出会えて、今の自分もそんなに悪いもんじゃないな、と思えるようになりました。今はこんなんだけど、もっともっと成長できる、やってやるぞ!という気持ちで生きていけるようになりました。

ですが、まだまだ発展途上。
少しは成長できたかな、と思ってましたがやっぱりネガティブになってしまう自分をまだ受け入れきれていないし、何も成し遂げることができていない自分に自信を持つことがまだできていません

それでも、少しづつ少しづつ、前に進んでいこうと思います。

真っすぐ生きてりゃいいことあるさ

わたしの場合がそうだったように、嫌われてるのかな?は大体の場合杞憂だと思った方がいいです
嫌われてるとわかったときのダメージよりも、嫌われてるのかな・・・?ブルブル( ;∀;)ってなっている時間と、消耗したエネルギーの方が大きいです。

もういっそのこと、「わたしはお前のことが嫌いだ!」と面と向かってハッキリ言われない限りは別に嫌われてるわけではないと思うことにしました。その方が精神衛生的にずっといいですものね。

人によって傷つくし人によって救われるのだなあ。
そんなことを思った夜でした。

 

めでたしめでたし


この記事をシェアする