3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

非エンジニアにこそオススメしたい「もくもく会」について

calendar

reload

非エンジニアにこそオススメしたい「もくもく会」について

もくもく会って知ってますか?

どうも~!芸術バカエンジニアのさんしちです。
最近「もくもく会」なるものを開催しています。

「もくもく会」というのは

・とりあえず何かしらのテーマに興味のある人が集まって各自作業をもくもくやるだけの会

・各自無言で作業する時間が割とある。

という感じです。(参考:http://qiita.com/kobake@github/items/68528dfa24ec159ce617)

黙々とやるからもくもく会なんですね。エンジニア界隈の用語なんですが、「みんなで集まって各自好きなことをする」ってメリットがたくさんあるので、

エンジニアじゃない人でも「もくもく会」をするといいよ!ってことを熱く語ります^q^

 

①みんな集中しているから自分も集中するようになる

学生のときって図書館に行って勉強したりしませんでしたか?大人になってもカフェとかで作業することってありませんか??

ああいう場所ってみんなが静かに集中しているから、自然と自分もそうなっちゃうんですよね。

そして周りの人がなぜだかみんな、勉強熱心!秀才!!仕事できそう!!!って見えちゃうんですよね。

そんでもって「自分も負けない!頑張るぞ!!」ってなるわけです。

 

もくもく会だと「集中して何か作業をするために集まった」人しかいないので、そりゃあもう集中モードに入るわけです

 

ちなみにこの記事はブロガソン中に書いているのですが、いまもみんなもっのすっごくもくもく集中して記事を書いています。

 

②違う環境下だからいつもと違う気持ちで取り組める

家だとなんだか集中できないとか、会社だとなんだかテンション上がらない(おい)ってことありませんか?

そういうときに①と似ているのですが図書館やカフェに行って、いつもと違う場所で作業をしますよね。

 

もくもく会の開催場所は、もくもくと作業ができる場所であれば別にどこだっていいのですが、

普段と違う環境でやることを強くおすすめします。経験上その方が集中モードに入りやすいです。

「場所を変える」「時間帯を変える」「集まる人を変える」「流すBGMを変える」などなど、工夫できることはいろいろあります

 

ぜひ「いつもと違う環境」を作って集中モードに突入してみてください!

 

③ほどよいプレッシャーで前に進める

全てのもくもく会でやっているとは限りませんが、わたしが開催しているもくもく会では必ず始める前に自己紹介とやることの発表をしてもらいます。

はじめて会う人もいるので自己紹介するのはまあ当然として、なぜ「やることを発表」するのか。

 

やることを宣言することで、ほどよいプレッシャーがかかるからです。無意識に宣言したことを達成しようと頑張っちゃうのです!!

 

ダイエットするときも周りに宣言すると成功しやすいとかいいますよね。あれと同じです!w

目標を宣言することで潜在意識から顕在意識にうんぬん・・・なんてことは書きませんがw、

 

周りの人に宣言すると、「言ったからにはやらねば」という気持ちになるので自然と頑張ることができますよ~~

 

さあ、もくもく会に行ってみよう!!

どうですか、作業が捗ってしかもいろいろな人とも知り合えるかもしれない、もくもく会に参加してみたくなりましたか?

毎週水曜日の朝から神保町でもくもく会を行っていますので、もしご興味ある方はお気軽にご参加ください^^
開催情報はこちらで発信しています!