3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

ブログ初心者はこの書き方で!2時間で1記事仕上げるわたしが意識する5つのポイント

calendar


ブログを書いて書いて書きまくっていると、無我の境地に入るときがあります。
・・・なんというか「宇宙と繋がっている」的なw
それは大げさかもしれませんがww、何かを夢中で作る(書く)時間というのは自分を見つめなおし、向き合うことができる素晴らしい時間です。

 

ふとした会話がきっかけ

ゴリゴリごりごりブログを書きながら、ブロガソン中に気づいたことがあります。

 

「ブログの書き方は人それぞれである」

 

 

 

あたりまえやん!!wwwって思うかもしれませんが、

参加者の中にはホワイトボードに考えをまとめてから記事にする人もいるし、1本を丁寧に時間をかけて書く人もいるし、写真選びにこだわる人もいて興味深かったです。

 

需要があるかどうかはさておき、ひとまずわたしがどうやって記事を書いているかを記事にしますw!

ちなみにわたしは結構書くのが早いほうです。クオリティを気にしすぎて書けないといつまでも質が上がらないし、後でいくらでもリライトはできるので、あまり気負わず記事を公開しています

 

全体の流れ

わたしの場合、記事を公開するまでに、

 

・ネタ集め

・タイトル選定

・見出し案選定

・記事執筆

・編集作業

・公開

 

の6段階があります。

 

工程①:ネタ集め

別の記事で詳しく書いたのですが、普段からネタ帳を持ち歩き、ブログの記事になりそうなものを見つけたり思いついたらすぐにメモるようにしています。

普段からネタ集めしておかないとあっという間に枯渇してしまいますからね^^;

また、ネタが思いついた段階では良さげなものでも、実際に書いてみるとうまく書き進められなかったり、あまり面白い展開にならなそうだなというものも出てきてお蔵入り(下書き保存)のものもたくさんあります。

というか公開している本数より圧倒的に下書きの方が多いです!

(秘蔵っ子ブロガーとかって名乗ろうかなあw)

 

工程②:タイトル選定

ネタ集めの段階で、ざっくりとしたタイトルは考えているのですが実際に書く段階で改めてタイトルは練り直します。

人に読んでもらうためにはまずはタイトルです。タイトルの印象は記事の第一印象!手抜き厳禁でございます!!

タイトルの重要性については百戦錬磨の多くのプロブロガーの皆さまも口を酸っぱくして語りまくっているので、わたしのブログにまで辿りつくような超高感度な皆さまなら重々承知だと思うので、ここではサラっと。

 

テクニック的なことで言うと、google先生に見つけてもらいやすいように、記事のキーワードになるような単語は必ず入れています。

かつ、タイトルの前にある単語の方が見つけてもらいやすいので、その辺も意識して書いています。

 

こちらの記事はどちらも、ありがたいことにかなり上位にあるのですが、

【前編】こえび隊になって瀬戸内国際芸術祭をエンジョイしてきたよ!

【後編】こえび隊になって瀬戸内国際芸術祭をエンジョイしたけども!

「こえび隊 人手不足」という検索候補を見つけて、意識して本文中に「人手不足」というワードをちりばめ、こえび隊が前方に来るようにタイトルをつけました。「こえび隊」に関連するワードとして「瀬戸内国際芸術祭」が入っているのもミソです。

ちなみに「こえび隊」というのは瀬戸内国際芸術祭のボランティアスタッフの愛称のことです。
↑の記事を読んで頂ければ、こえび隊についても理解が深まるし、瀬戸内に行きたくなること間違いなしでございます!w

※おかげさまで現在は「こえび隊」単独でも上位表示されています。ありがとうございます。

 

工程③:見出し案選定

タイトルを決めたら、次は見出しです。このブログでいう青いとこですね。笑

見出しを決めることで、記事の骨格ができあがります。

実際に書き出すと変えたくなることも「よく」あるので、あまり気負わず書き出してますね。

 

個人的にはまだまだ量をこなすレベルだと思っているので、とにかくアウトプットを多く出すためにスピードを重視してます!!

可能な限り早く!PDCAを回すんだァァァァァ!!という意識高めな気持ちになったりならなかったりしていますよw

ブログの書き方を学ぶ上で、らふらくのタクスズキさんのブログの書き方まとめが全般的に!めちゃ!役に立ったのですが、特に見出しのところは大変勉強になりました。オピニオン系の記事は全部こちらを参考にさせていただいております。もはや経典レベルです。世に出してくれてありがとうございます。

 

工程④:記事執筆

あとは見出しに従って内容を書いていきます。見出しが骨格づくりなら、記事執筆は肉付けですね。

粛々と書き進めていきます。どのくらいのボリュームかは記事の内容にもよりますが、わたしは公開するための最低ラインとして「1000文字以上」と決めています。

それ以下だと内容の薄い記事が多いかなという体感もあり、SEO的にもあまりよろしくないとか。

ひたすら文字を打ちこんでいくので、ノリノリのBGMなんかかけてやっています

今はこれ聴いてます↓フレデリックはノリノリ系の曲が多くて捗ります。ちなみに1曲だけをずっとリピートして聞くタイプです。

 

工程⑤:編集作業

記事が出来上がったら、ストレッチをするなりトイレにいくなり伸びをするなりして、いったん書いた記事から離れます。

頭を執筆モードから編集モードに切り替えるのです!

意外とこれは重要なポイントだと考えていて、切り替えないと、誤字脱字に気づけなかったり、展開の流れが微妙だったりしても気づかないことが多いんです。

 

編集作業で何をするのかというと「強調したい箇所を太字にしたり色を付ける」「アイキャッチ画像を入れる」「誤字脱字を修正する」「展開的におかしくないか確認する」などをやっています。

あとはamazonや他のサイトのリンクを貼るなど。

 

工程⑥:公開

ここまできたらあとは公開するのみです!!

WordPressのプラグインを使って、ブログを公開するタイミングでtwitterにも「ブログ更新したよ!」と自動的に投稿されるようにしています。

夜中に完成して、いま投稿しても読む人いなさそう。。という場合は予約投稿にして、読む人が多そうな時間帯に勝手に投稿されるようにする場合もあります

 

その他

ここまでの流れでだいたい2時間くらいでしょうか。実際にはネタ集めとタイトル~記事執筆と編集・公開で分けてやることが多いのでまとめてやることはほぼありませんw

電車乗ってる間にスマホでちまちま書き進めたり、仕事の休憩中に書いたりすることもあります

アイキャッチは、以前はフリー素材を使うこともありましたが、最近は自分が撮ったものを使って、写真集的な楽しみ方見せ方を狙ってますww。

ブログテーマはマテリアルを使っています。シンプルなデザインで写真が結構目をひきます!カスタマイズしがいがありそうなので、芸術バカエンジニアとしてはゴリゴリ改造していきたいと思います。(まだ全然できてない。白目。)

 

 

いかがでしょうか。ブログを書いている方は、参考になるところはあったでしょうか。あったら嬉しい限りでございます~~