3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

素晴らしきお面の世界へようこそ!~それはファッションであり芸術であり文化だ~【偏愛】

calendar

reload

素晴らしきお面の世界へようこそ!~それはファッションであり芸術であり文化だ~【偏愛】

(アイキャッチ写真:ぱくたそ

お祭りでみるお面。

小さいときと比べてすっかりラインナップが変わってしまいました。

 

わたしがお面を好きな理由

みなさんはお面は好きですか?この記事を読んでくれているということは、お面ファンかわたしのファンのどちらかですよね??

お面というものに惹かれて何年も経っている、わたしがお面を好きな理由を熱く書き綴り、お面に興味を持っている人を一人でも多く増やしてみせます!!!w

まずはこちらから、わたしがイケてる!こいつはクールだぜ!ステキ!!シビレル!!!と感じたお面たちの画像を集めたものをご覧ください。話はそれからです!!

ちなみに本ブログでは仮面もお面も同じものとして定義します。(厳密には違うかもしれませんが汗)

個人的には仮面という響きよりお面という響きの方が好きなのでこちらを使います。

お面はファッションである

いきなり何を書いてるんだ?!って感じかもしれませんが、お面はファッションなんです。そうなんです!!

お面にはさまざまな色・柄・素材・形があります。なんだかファッションに似てませんか?

最近は別に風邪をひいているわけではないのにわざとマスクをつけている人もいますよね。

古くは仮面舞踏会なんかもありますし、そこではドレスにあわせて仮面をセレクトしたりするわけですよね。

あと、ファッションショーでもモデルがお面をかぶってるシーンってみたことありませんか?ないとは言わせませんよ?

そう考えるとお面をファッションアイテムとして考えるのってありじゃないですか?

少なくとも今はそうではないかもしれませんが、きっと近い未来にはお面がファッションアイテムとして市民権を得るようになるのではないかと固く信じています。もしそういうムーブメントが起きなければわたしが作ります!!ww

お面は文化である

お面は古くから国を問わず世界各地で宗教や祭礼の場面で用いられていました。

他人からはわからないということのみならず、装着するマスクがかたどっている精霊動物(実在架空を問わず)等そのものに人格が変化する(神格が宿る)とも信じられ、古くから宗教的儀式・儀礼またはそれにおける舞踏、あるいは演劇などにおいて用いられてきた。 (wikipediaより引用

宗教、祭礼あるいは演劇というものはずっとあるものですよね。つまり長い長い歴史があります。その長い歴史とともにお面の歴史も存在しているのです。お面には神や精霊や動物の姿が反映されているだけでなく、歴史や文化も色濃く反映されているのです。

お面は芸術である

上述したように舞踏や演劇の場面で小道具としてお面は使用されますが、お面そのものも立派な芸術です。

だってほら、美しいでしょ?かっこいいでしょ?見ててなんだかワクワクするでしょ?想像力刺激されちゃうでしょ??

それはもう芸術なんです。心が動かされるものは芸術です。

実際にお面を作っているアーティストさんもたくさんいます。(わたしもその一人になりたい・・・!)

「抑圧から解放され、普段とは違う自分を発見することができる」ことが芸術と触れることで得られる素晴らしい点だとわたしは考えています。

お面をつけることで、自分の顔は隠れます。普段の自分を隠すことで普段とは違う自分になることができます。その先に何が待っているかはわかりません。それはお面をつけた人間だけが知ることのできる世界でしょう。

ということでこれからできる限り早いうちにお面を入手してお面をかぶって違う自分になる時間を作りたいと思います!!イエイ!!!

お面ファン必見!!お面スポット情報

おまたせしました、ここまで読んでくれたナイスなみなさまはお面に興味しんしんでしょうがないはずですよね。

というわけで以下ではお面とのナイスな出会いがある激熱お面スポットをご紹介します!

・早稲田大学演劇博物館

演劇の博物館ということで、常設展示のところでアジアを中心としたお面を見ることができます。ここの素晴らしいところは、なんと入場無料なんです!!!数か月ごとに変わる企画展も充実していて、これまた無料なんです。なのでお面ってステキでクールでゲキアツだけどどこに行ったらいいのかわからない・・・という方はまずここに行きましょう。

・仮面屋おもて

墨田区の押上から少し離れた、下町情緒あふれる商店街にある、日本でも珍しい、仮面屋さんです!

仮面作家さんが作る、おそらくこの世に一つしかないであろう個性的なお面たちを買うことができます。オーダーメイドの相談にも乗ってもらえるそうなので、個人的にはマジで作ってもらいたいです。

Zorro-Tokyo

西麻布にある仮面をかぶって入店するバーです。出会いの場というスタンスではありますが、単に飲み友達を探しに行く人もいるらしいです。ギラギラしてそうなのでちょっとお面上級者向けかもしれませんね。

・国立民族学博物館

大阪にあるのですが、ここはお面に興味のある方には本当に大変ものすごくオススメな場所です。世界中のお面を見
ることができます!!個人的には仮面舞踏の展示がとっても充実しておりとても楽しめます。

お面以外にも世界中の民族学にまつわる実にさまざまな展示があり、大人も子供もお面好きもちょっぴりお面好きもにわかお面好きも楽しめること間違いなしの場所です。

ほら、お面に興味出たでしょ?

どうですか?お面ってなんだかワクワクしませんか??

みんなでお面をかぶって楽しいお面ライフを送りましょう!そのためにわたしもがんばります!!w
ちなみにわたしは忍者ハットリくんのお面がずっと 欲しくて欲しくてたまりません!!