今日もナナメ上を行く

すごい人で「ある」よりもすごい人に「なろうとしている」ことの方がすごい

calendar

reload

すごい人で「ある」よりもすごい人に「なろうとしている」ことの方がすごい

すごい人になりたいと願い前に進む、その姿勢こそすごい


あなたの身の周りに「この人すごい」と思える人はいますか?
わたしはたくさんいます。 そしてそういう人たちのようになれたらな、と思いつつ毎日頑張ってます。

頑張っているもののそんな簡単に「すごい人」にはなれないですよね。そんな簡単になれたらすごくないですものw

それはさておき重要なのは、すごい人「である」ことではなくすごい人になるために「行動している」ことです。 今自分がどんな場所にいようが、前に向かって進み続けていることこそが大切なんだよ!ってお話です。

現状維持は後退と一緒だから、前向きに進むことに価値がある


「変化の激しい時代、ボーっとしてたら時代の流れに取り残されてしまいます。」
的な話はあちらこちらで聞くと思うのでここでは端折りますw

しかし、あちらこちらでそんな話を聞く割に、このままじゃやばいんだよ!って頭ではわかっているのに、 実際に何か行動に移せる人というのは実に少ないのです

実際に「時代の流れ」なるものは目に見えるわけではないし、今すぐにわたしたちに多大な影響を与える・・・というものでもありません。だから「別に現状維持でいいっしょww」って考えになっても致し方ないでしょう。

変化はゆっくりと、でも確実に起こり続けていました。
諸行無常がなんたら、って学校で暗唱させられませんでしたか?「変わらないものなどない」という価値観ははるか昔から伝えられてきているわけです。

これからの時代はもっと変化のスピードはすごいです。テクノロジーとテクノロジーが結びついてもっとすごいテクノロジーが生まれるとか、アフリカのすごいものとアメリカのすごいものと日本のすごいものを組み合わせてもっとすごいものが生まれるとか、これからはいくらでも出てくるでしょう。

今からでも遅くないから、現状維持をするという考え方は早急に捨てて、変化することが当たり前、みたいな考え方の方がこれからの時代は生きやすいし、楽しいとわたしは考えています

ほんの少しでもいいから、「前向きに」進んでいる人というのは大きな価値があります。 そして、「すごい人」というのは、少なくともわたしにとっては、考え方とか価値観レベルで尊敬できる人だし、 実績もちゃんとある人です。 そういう人たちが前向きに進んでいないわけがないのです!

人は少し前を走る人を見て成長する


とはいっても、「すごい人」とわたしのような凡人(もしかしたらそれ以下w)のような人間との差はすさまじいものです。
自分のいる場所のはるか先を行く人の姿は確かに「すごい」のですが、先を行き過ぎていて 自分の次の一歩を踏み出すためには参考にならないということは結構あります。

「すごい人」と会って話して、「おっしゃ!頑張ったるで!!」って瞬間的なモチベーションってググッと上がるんですけど、その後結局何も行動に移せていない・・・なんてことは結構あります。

良書を読んで、ためになったと思っても結局得た知識を行動に落とし込まなければ単なる時間つぶしなのと一緒です。

すごい人との出会いよりも、優れた本の一節よりも、飲み屋で仲のいい友達や会社の先輩の何気ない一言の方が、ハッとさせられて、自分の背中を押してくれることってありませんか?

だからこそ、自分と同じような境遇/環境/属性の人で、自分の少し先を行く人だったり、少し違う角度から見ることができる人の姿は学ぶところがたくさんあります!

あなたの行く道も誰かの道しるべになる


だから、あなたが迷ったり困ったりしながら決めて進んだ道だって、間違ってしまった、失敗してしまった経験さえも、誰かの役に立ちます。経験したことのない人には学びになるし、経験したことのある人にとっては共感になるでしょう

一つ一つの経験にちゃんと向き合って、自分の糧にする気持ちを持っていれば、どんな経験だってあなたの財産になります

それでも自信が持てない、自分の生き方に価値があるんだろうか・・・なんて方にはこちらの本から、名言を捧げます!

機械仕掛けの愛 2 (ビッグコミックス)

「志の高さが、君の才能なんだ!」

・・・どうですかシビれませんか!今の自分が大してすごくないと感じても、立派な志をもって毎日頑張っているのならそれはとっても素晴らしいことで、誇るべき才能なんだよって、自信を持つことができます。

↑の本はちょっと疲れた時、自分を見失いかけた時に読むと元気をもらえるのでとってもおすすめです!
漫画をほとんど読まないし買わないわたしが思わず買ってしまうくらいにはおすすめですよー