今日もナナメ上を行く

複業できない会社なんてオワコンだから社内制度を変えるべく立ち上がってみた

calendar

一つの会社で働く時代なんてもう終わる


大手企業が副業を容認する動きも活発になり、中には「専業」禁止を掲げる会社まで現れました。
背景には、先行きが見えない世の中になり、会社がいつまでも社員を養うということができなくなってきたことがあります。
つまり、会社も優秀でない社員をどんどん切り捨てざるを得ないですし、会社そのものもいつまでも続くかもわからない時代に突入しているのです。
そんな中、一つの会社だけでしか働いたことがないとか、会社の看板だけで生きてきたというような人が、いざ会社がなくなってしまったとき、
看板がない自分自身の力だけで生きていくことができるでしょうか?おそらく難しいでしょう。
また、これからの時代は今存在しない職業がもっともっとたくさん出てくるといわれています。
忍者とか武士はもはや現代にはいないし、10年前にエバンジェリストとかコンサルタントという職業を今ほど盛んに聞いたことはなかったでしょう。
つまり、こんな時代に一つの会社で、一つの働き方に依存しているなんてめちゃくちゃリスキーじゃないの??!って話です。

副業じゃない、複業をはじめよう


一つの会社以外で働くって・・・バイトでもするの?って考える方もいるでしょう。それは「副業」です。自分の時間を切り売りしてお金を人からもらっているに過ぎません。
ここで話題にしたいのは「複業」「パラレルワーク」と呼ばれるものです。2つ目の仕事を単なる時間の切り売りにするのではなく、「複業」とはスキルアップや他者貢献、自己実現など
高い目標を掲げたり、個人のやりたいことを達成するためだったり、個人の力をもっと高めるための活動です。

個人のメリット
・スキルアップにつながり、会社が倒産したとしても自分で稼ぐ力を身に着けられる
・やりたいことを仕事にすることで、会社では得難いやりがい・達成感を得られる
・社内とは違うコミュニティの人たちと関わることで、新たな発見や人脈を得られる
などがあり、会社のメリットとしては
・社員ひとりひとりのスキルが高まるため、業務の効率化が期待でき、研修・教育のコストが下がる
・また、複業する時間を捻出するために残業時間が減る
・会社ではつながらなかった、優秀な人材やコネクションが生まれる
などがあげられるでしょう。
つまり複業を容認することは個人・会社双方にとってメリットがあるんです。

副業禁止にどう立ち向かおうか


じゃあ、複業をやってみよう!と思い至ったものの、就業規則をみると「副業禁止」の文字が・・・
でも、それで諦めてはいけません!そんなものは会社の都合です。
また、基本的には就業時間外にやることに会社はノータッチなので、複業したからといって、即会社をクビになることはありません。
心配な方は「副業 バレる」で検索してみるといいでしょう。基本的には大丈夫ですバレませんww
とはいえ、複業がバレたときに社内評価が下がる、人間関係が悪くなるなどのリスクは無きにしもあらずです。
複業をするのには、それなりの覚悟が必要なのは事実です
ですが、この先どうなるかわからない会社にぶら下がり続けるほうがよっぽど危険ではないでしょうか? 

とはいっても何をすればいいのかわからない人たちへ


スキルアップとか自己実現とかお金とかほしい!ほしいよおおおお!という方はたくさんいるでしょう。
でも複業がバレたらまずいですものね。わたしもそうなのでとてもわかります><

・ひとまずバレない範囲で何か始めてみましょう。
ブログやミニサイトを作って、アドセンス(広告)貼ったりアフィリエイトを導入してみましょう。
大丈夫、普通の人はそんなすぐ収益でませんwわたしもそうです(泣)w
もし始めて数か月で何万円も稼げちゃうような才能ある方なら、むしろ仕事を辞めてしまった方がいいですw

・ボランティアやプロボノで自分の市場価値、マーケットニーズを確かめてみましょう。
複業をやる場合、スキルアップ目的の場合を除き、自分の得意なこと、好きなことではじめる場合が多いです
はじめはいきなりそれでお金を取るのではなく、サービス案やビジネスモデルを作って、それを身近な人たちに試してもらって、意見を集めましょう
あるいはNPOに自分のスキルを提供してみるプロボノや、就業時間外にベンチャー企業などのプロジェクトに参加できるサンカクなどのサービスを使ってみるのもおすすめです。

でもコソコソ複業したくない!容認してくれ!!


って思ったので、わたしは自社の新規事業創出プロジェクトに複業容認につながるようなサービスを提出することにします!!
複業には明らかにメリットがあるのに、頑なに禁止にするなんてどうかしてます。自社が営業主体の会社でエンジニアやデザイナーの声が弱いというのも一因かもしれません。
イノベーションとか多様性とか語ってる会社なのに複業を否定するのはおかしい!というのがわたしの意見です。
社内事業として複業マッチングサービスを提案すべく、いま試行錯誤しております・・・。

複業、パラレルワークに関心のある方の意見を聞かせてください!


というわけで、もし「自分複業してるよ」という方がいらっしゃいましたら、ぜひご意見を聞かせてください!
どんなサービスがあったらもっと複業が活発になるのか、複業を否定する人たちの心配点は何で、どうしたらその心配が解決されるのか?
もしいらっしゃいましたらブログのメッセージかTwitter(@3710official)までメッセージください!
あなたの意見が社会を変えるかもしれません!!

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする