今日もナナメ上を行く

なんでも2割に集中すればいいよ。そしたら楽になれるから。

calendar

パレートの法則って聞いたことある?

こんばんはー。つい先日台所がとってもカオスだということがバレちゃった!!さんしちです!

パレートの法則って知ってますか?「2:8の法則」と呼ばれることもあります。
ざっくり言うと「重要なことは2割に集中し、8割は瑣末なことである」という感じです。
最近しみじみ考えるのですが、このパレートの法則を日常生活のいろいろな場面で適用すると、生きやすくなるのではないか?と考え書き綴ってみました。

パレートの法則が情報に溢れた世の中で自分が生きたいように生きる羅針盤になる

なぜパレートの法則を意識すると生きやすくなるのかって?
それは、わたしたちは全てのことに全ての力を注ぐことはできないからです
わたしたちができることは個々人の努力でもちろんどんどん向上していくことはできますが、誰にでも得意不得意はあって、全てのことを万能にこなせるなんてありえないわけです。
また、情報も溢れかえり、SNSのおかげで簡単に人と人がつながるようになり、取捨選択の重要性はどんどん高まっていく世の中です。 なので、自分の身の回りの情報を取捨選択する能力があると、生きやすくなるといえます。

生きている間に触れられる情報の総量が増えたから、取捨選択する必要がある

ネットの情報をイメージするとわかりやすいと思いますが、玉石混交、膨大な数の選択肢がある中で、あれもこれもと全部拾っていたら、膨大な時間がかかってしまいます。そのためにググったときは、上位のサイトを参考にするとか、記事だったらライターはちゃんとした人かどうか確認するとか、何らかの取捨選択をしていますよね。それと同じです。

テクノロジーが発達しスマホが普及しネットの速度も向上している現在、わたしたちが生きている間に触れることのできる情報(ネット上の記事しかり、ネットを通じて知る人のこと、イベントのことなどなど)はどんどん増えていく一方です。
5年前はガラケーを使っていた、という方も多いんじゃないでしょうか?そしてスマホに変えてからケータイの液晶を見る時間って増えていませんか?そこから、触れられる情報量はどんどん増えているということに気づけるのではないでしょうか。
ですが、身の回りにある、手の届く範囲にある情報が全て良質な情報かといえばそうではありません。クソみたいな記事だってあるし、クソみたいな人間だっているし、クソみたいな出来事だってたくさんあります。(※このへんは個人の主観ですw)
そんなもの全てにいちいちクソ丁寧に関わっていたらそれだけで一生が終わってしまいかねません。
ゆえに身の回りの情報を取捨選択することが生きやすくなるために必要不可欠になってくるのです。

パレートの法則適用例:仕事にもプライベートにも使えるよ! 

具体的にどんなふうに2割に注力すればいいのかを書いてみました。

・仕事でも2割に集中する

出勤したらその日やる仕事を洗い出しましょう。そして優先順位をつけていきます。
そして上位2割の仕事内容に集中しましょう。そいつらを片付けることだけにエネルギーに8割を注いでください。
残り8割の仕事は2割のエネルギーで粛々と片付けましょう。
もしくは、集中する時間帯を自分で設定して、その時間だけは電話も取らないしおしゃべりもしない。
他の時間は楽にやるというのもいいでしょう。8時間勤務だと大体100分くらいですね。

・人間関係も2割に集中すればいい。これで仕事もプライベートも充実させよう


仕事に8割のエネルギーを持っていかれてしまって、プライベートがおざなりになっていませんか?仕事のためだけに生きる人生で本当に満足ですか?
人間関係にもつながる話なのですが、仕事ばかりしてプライベートの友人関係、恋人、家族などなど、大切にできていますか?

今回個人的にパレートの法則を意識して楽になったな!と思ったのが人間関係における適用です。
(なんだかカタい感じになってしまいましたがw)、全ての人間を大切にすることはできないし、する必要もないのです周りの人間みんながみんなあなたのことを大切にしてくれているわけではないでしょう?全ての人間を大切にしようとすれば、本当に大切にするべき人に多くのエネルギーを注ぐことはできません

そう考えると、大切な人のためにエネルギーを注ぐために生きたいと思えるようになるはずです。そしてそう思えるようになったらきっとそんなふうに行動できるはずです!

 

まとめ:今から2割のことにだけ集中してみよう!

人が覚えていられるものだって、対応できるものだって限りがあるんだから、取捨選択してよりよく生きていきましょう。面白いものだってたくさんある世の中なのだから、つまらないものはとっとと捨てて、楽しいものに囲まれていきましょうー!!

・集中の仕方は人それぞれでいい

「集中する基準」は時間でもエネルギーでも、やりやすいもので試してみてください。
ただ、時間やメールの件数など、「数」で表せるものがやりやすいですよ!

・つまらないな、残念だと思うことは8割=まあよくあることだと思って、次行こう

パレートの法則を意識すると、寛容になれるというか、ある意味ポジティブになれます。
読んでいてつまらないと感じる本やネット上の記事テレビ番組。
仕事の付き合いで仕方なく参加する飲み会。
話してみるとなんだか違うなとがっかりしちゃうデート。

そんなことはよくあること。
そう思って、つまらないなと思ってしまった原因を考えて次はもう繰り返さないようにすればそれでいいんです。
大切なのは、何か行動を起こして、結果を分析して、反省や改善策を考えて、スピード感を持って前に次に進むこ
と。

それが2割。生きていく上でネガティブになって後ろを見てうじうじしていることに足を取られないで前に進んでいきましょう!!

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする