今日もナナメ上を行く

焼きすぎたトーストみたいな他人への期待なんてしないで、わたしはジャムセッションみたいな人生を送りたい

calendar

reload

焼きすぎたトーストみたいな他人への期待なんてしないで、わたしはジャムセッションみたいな人生を送りたい

20代最終コーナーに入って変えたいと思うこと

先日27歳になりました。個人的には26歳と27歳との差ってなんだか大きいなと感じています。

26歳だとちょっと大人だなって感じだったんですが、27歳だともう/結構大人だよな・・・って感じています。

というわけで、内面も立派な大人として成長できるように引き続き精進して参りたいと思いますので引き続きよろしくお願いいたします!!
さて、内面的に成長するために、これから変えたいと思うことがありまして、そのひとつが「他人に期待すること」です。

過剰な期待は自分にとっても相手にとってもマイナスでしかない

正確にいうと他人に「過剰な」期待をすること、を止めたいのです。

「●●さんがXXしてくれないかなー」「あれがあーなったらいいなぁ」とか思うことってよくありますよね。多少そんなことを思うのはいいんですけど、その気持ちが強くなりすぎると自分にも相手にとってもマイナスになってしまいます。

多少の期待の気持ちはどうしても出てくるけど、そこは仕方ないと割り切って、うまくコントロールしていく必要があります。

相手は自分ではないのだから、事前の根回しや打ち合わせなどを何もしない状態で、相手が自分の想定通りに動いてくれることは稀です。むしろ事前に何かしていたとしても想定通りにいかない場合の方が多いですよね。あなたもそんな経験ありませんか? 
   
ここで自分の中の期待値が高すぎると「なんでこれをしてくれなかったんだ」「どうしてあんなことしたんだ」みたいな気持ちがムクムク湧き上がってきてしまいます

そうなると、図らずも攻撃的な構えをとってしまいます。できるだけそんな風にしないようにがんばろうとしても、無意識に相手を攻撃してしまう可能性が高いです。

相手は攻撃されるようなことをした覚えはないのになぜか攻撃されちゃう。自分がそんなことされたら嫌ですよね

過剰な期待をやめるために、わたしが会得したい姿勢

というわけで相手に対して過剰な期待をしないでいるためにはどうしたらいいでしょうか?わたしなりに考え方というか姿勢をまとめてみました。

・自分と全く考え方が一致する人間なんていないと思え

そもそも相手に自分の気持ちや考えが100%伝わると考えていることが間違いなのです。十人十色という言葉があるように、人の数だけ考え方や解釈の仕方は異なります。自分とぴったり一致するなんて奇跡が起きたとしてもありえないでしょうww
だから、自分の期待通りに相手が動いてくれるなんてないないないないないない!!!って思っておきましょう。その方が精神衛生上GOODです。

・人に期待している暇があるなら自分自身の期待に応えよう。話はそれからだ

また、人に期待しているエネルギーがあるなら、もっと自分自身の期待に応えるよう努力するべきです。
自分がやりたいこと、やるべきことは何なのか、面倒くさいかもしれないし、なかなか答えは見つからないかもしれないけど、それでも考えて考えて考え抜いて動き続けることでやっとこさ自分自身の期待に応えられるようになり、自分で自分を満足させられることができます
そしてそうすることで自分に自信を持つことができます。そうすれば相手のことなど(いい意味で)どうでもよくなり、期待などしなくなります。期待値がいい感じに下がります。そうなることで何がいいのかというと、無駄不毛理不尽不合理な攻撃をしなくなるし、素直に相手の行動に感謝できます。素晴らしいですね!!

意見/価値観の違いを許容し、楽しもう

上述した姿勢を身につけ、相手に過剰な期待をすることを止めてしまえば、自分も生きやすくなり、周りも幸せになると思うのです。

期待するのではなく、相手の反応や出方に対して「おっ、こう来たかw」「そういう考え方もあるのか!」っていう具合に楽しめたらいいなと思います。ジャムセッションみたいな感じでしょうか。場にある程度共通のルールはあるけれど、提示するものは各自の裁量で自由に楽しく工夫し変えることができるあの感じ。アドリブって言った方が伝わりやすいかもしれませんね。

相手がこう来たから、自分はこうする。その繰り返し。相手と自分の演奏でひとつの曲を作り上げていく。

って思うとなんだかワクワクしてきませんか^^

こちらの記事もおすすめ

この記事をシェアする