今日もナナメ上を行く

傷つくこともあるけれど、それでも誰かと恋をするのは素晴らしい。

calendar

reload

傷つくこともあるけれど、それでも誰かと恋をするのは素晴らしい。

恋愛って面倒だとか、傷つくのが怖いとかいうけれどそれでも恋はいいもんだ

アラサーになると、男女問わず恋愛関係の話題が結構増えてきたな、と感じています。結婚適齢期に突入している世代ですし、実際facebookなんかには【ご報告】なんてタイトルとともに幸せそうな結婚報告の文章と幸せオーラ全開のキラッキラ眩しい写真がっ!(し、、、しぬ、、、、)
 

社会人になると学生の頃より恋愛するためのハードルが上がってきませんか
 

自分から積極的に動かなければ出会いも限られるし、時間の制約もあるから、なかなかデートの予定も決まらない。お金もそんなにないから合コンも厳選して行かなきゃ!

って考えるとなんだか恋愛ってめんどくさいって思う人もいるかもしれません。
 

でも、恋愛っていいものですよ。めんどくさいんだったらめんどくさくない相手を選べばいいだけです。

仮に多少めんどくさい相手だったとしても、得られるものがたくさんあります
 

というわけで、今回は「恋愛はちょっと・・・」ってなっている人に向けて書いてみようと思います。

(実際に相手をゲットする的な恋愛テクニックうんぬんはググってください。わたしには皆目わかりませんw)
 

自分以外の誰かについて真剣に考える貴重な機会が恋愛

恋愛って確かに面倒です。自分以外の誰かに時間やお金やエネルギーを注ぎまくる行為ですから当然です
 

でも、それだけ一生懸命他の誰かのためにエネルギーを注ぐっていうことは人間としての成長にめちゃくちゃ寄与することです。少なくともわたしにとっては恋愛はそういうものでした。
 

「どうしたら喜んでくれるだろう?」「なんで悲しい顔してたの?」「何をあげたら喜んでくれるかな?」なーんて、

一生懸命自分以外の誰かについて「ああでもこうでもないどうしようどうしたらいい・・・?」なんて考えることって恋愛でなければないと思うのです。普通の友人関係でも、そこまで考えることってあまりないと思います。
 

自分以外の他者について真剣に考える経験って、恋愛以外の場でも、ものすごく役に立ちますよ。

仕事でも相手の求めることを考えられるようになって評価もうなぎ上りになるかもしれないし、友人関係でも気配り上手になったおかげで、友人が困ったときに助けてくれるかもしれませんよ??
 

誰にでも平等に注げるものじゃないからこそ大切にしなければならない

友情の気持ちは広く誰かに注ぐことができるけれど、恋愛感情はその「誰か」という範囲がグッと狭くなってしまいます。誰でもいいというわけにはいかないでしょう。まして恋じゃなくて愛だったら?もっともっと大変です。 
 

気持ちを大切に育てていかなければ、諦めることなく挫けることなく続けていかなければ、恋は愛に育たないのでしょう。
 

その過程を楽しめる相手というのは本当に本当に貴重です。もちろん傷つくこともありますし、不安や寂しさでいっぱいになることもあります。

でも!でもね!

そういう真剣に考えられる大切な相手に出会うことってとても素晴らしいことです。自分がちゃんと選んだ相手からであれば、傷つくこと以上に学び取ることがたくさんあり、人間として成長することができます
 

人間の深い深いところまで考える絶好の機会です。わたしは社会学が好きなので、他人がどう考えるかどう行動するかを考えたりするのは好きなので恋愛はたのしいです^q^(実際どうかはともかくな!)
 

失敗なんて誰だってするんだから気にしなくていい

人間関係の失敗ってなんだかするのがとっても怖いですよね。一回やらかしたらもうその関係ってもう修復できないんじゃないかな?って心配になっちゃいますよね?
 

いいじゃないですか、別に失敗したって。ちょっとやそっとの失敗で壊れてしまう人間関係ならさっさと壊れてしまったほうがいいでしょう。所詮その程度。代わりなんていくらでもある。くらいの気持ちでいきましょう。
 

ドライかもしれませんが、今の世の中ウェットになりすぎるとこちらの身が持たなくなってしまいます。ドライに接するのは一つのやさしさです。

やさしさを誰にでも与えられるのがもちろん理想ですけど、残念ながら自分のキャパにも限界があります。それこそ依存体質のかまってちゃん相手だったら無尽蔵かっ??ってくらいどこまでもエネルギーを吸いにきます。
人間関係も取捨選択が必要不可欠なのです。
 

というわけで恋愛でも、なんでも失敗を恐れずアタックしてみるといいですよー!