3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

【ネタバレ】「君の名は」で気づいた、相手を知ることの大切さ【感想】

calendar

reload


何かと話題の「君の名は」を見て感じたこと:胸キュン

みなさまこんばんは。超絶ミーハーな両親から生まれたなかなかミーハーなさんしちです。(この前実家に帰ったときは母と一緒にポケモンGOでポケストップ巡りしました)
そんなわたしは御多分に漏れず、話題の「君の名は」をみてきました。
(新海作品は「秒速5センチメートル」を5年前くらいにみた程度なのですがw)

正直見た直後は「ふああああああああ」って感じで具体的な感想もなにも出てこなくていっぱいいっぱいな感じだったんですけど、一日明けて感想が頭の中で形になってきたので、ちょっくら書いてみることにします。

以下ネタバレ要素満載なので、まだ観てないよ!という方は観てからぜひ読んでくださいね!
 

「すきだ」と言えるまでに大切なステップ

主人公の二人が実際に会って、お互いの名前を忘れないようにマッキーで書こうとするシーンがありましたよね。
その時、瀧は自分の名前を書かないで、「すきだ」って書いてました。(それを見た三葉がこれじゃ名前わからないじゃんw的なツッコミをしたところもすごく好きですw)

めっちゃキュンってなりますよね!!!?

お互いにめっちゃ意識していて好きだという気持ちもめちゃくちゃあって、だからこそわざわざバイト休んだり学校さぼったりして相手の住むところまで会いに行ったりしてるわけですよね。
めちゃくちゃ気持ちが高まっている状態での「すきだ」

・・・ああ すてき しぬうううううう

ってなりますよwただ会いに来たわけじゃないんだよ!っていう。恋というよりもはや愛なのです。
ステキですよね・・・・。女子ならちょっと憧れちゃったりするかもしれません。わたしはギリギリ女子じゃないかもしれませんがw

で、ここまでに至るのにはいろいろありましたよね。入れ替わるようになってから結構長い時間もありましたしね。
「すきだ」と言えるまでにはいろいろあるのですが、大切なのは「相手のことを知ること」ただそれだけだと思います。

「相手を知る」ことで気持ちは深まっていく


二人がお互いを意識するようになって、「すきだ」という気持ちを持つようになるのに、
「お互いを知る」ということが凄い大きなポイントなんだと思います。
「すきだ」ってなるには色んな紆余曲折があって、ビビッとくることもあるけど、じわじわ想いが積み重なって「すきだ」になることが多いでしょう。相手のいろいろな面を知って自分の感情が動く。共感できることもあるし、時には「えっ」って思うこともあるでしょう。それでも知ることで、自分自身がいろいろ考えさせられるんですよね。「わたしはこう考えるけれどあの人はそう考えるんだね」なんてね。そんなことを考えているうちに相手のことを好きになっていくんですよねえ。
 
また、奥寺先輩という比較対象があるというのも大きいでしょう。
瀧も三葉も、奥寺先輩という超絶可愛くて恋愛経験も豊富そうなステキな人と面と向かって話して存在を認識している。
瀧が先輩とデートをするシーンがあったけれど、瀧本人も三葉もそわそわしてましたよね。
そこでお互いの気持ちに気づけたんじゃないでしょうか。

きれいな面だけ見てるだけじゃ本物の気持ちじゃないよね

お互いが入れ替わって、お互いのリアルな生活を体験する。
現実にはありえないけれど、現実でもお互いの「リアル」を知っておくことってものすごく大切だと思うんです。
物語では再会したところで終わってしまったけれど、きっとその後二人はいろいろな話をするし、きっと特別な存在になるんですよね。(なっているけどお互いにそれを改めて確かめ合うといった方が適切かもしれない)
「特別な存在」になるには、確実に相手のいい面/プラスに見える面だけを見ているだけでは絶対にダメで、その人にとって苦しかったこと、悩んでいること、引け目に感じていること一切合切を「知っている」ことが必要なんだと思います。

「知っている」でいいんです。別に「100%の理解」とか「すべてを受け入れる」とかである必要はないのです。だってそんなの無理ですから。 わたしは人間が絶対に分かり合うことはないと思っています。変に分かり合えると妄信するからかえってつらくなったりうまくいかなかったりすると思うんです。

でも、その「知っている」 があるだけで相手への許容度や思い入れって桁違いに変わってきます。
 別に恋愛の話に限ったことじゃなくて仕事とかもっというと人生についてもそうで、「知らないで突き付けられたこと」と「知っていて突き付けられたこと」ってかなり自分自身の受け止め方って変わります。

まとめ:結局なにが言いたいねんw

・「君の名は」はいい映画です。
・知人は仕事以外にも大切なことがあるということに気づかされた、と言っていました
・恋愛するならちゃんと相手のことを知らないとね
・知らないでステップ踏むと痛い目に合うよ?

以上 


この記事をシェアする