今日もナナメ上を行く

知恵も出さず手も出さず口だけ出す奴は「できない奴」、でいいよね?

calendar

reload

(自分への戒めの意味でも)言い訳する暇あったら行動しろ

あなたの周りにはいませんか?たらたら言い訳と文句と愚痴を垂れ流して手も頭も動かさない人がっ!!

「やりたくないことに直面すると、逃げ腰になってしまってついつい言い訳をしてしまいそうになる」
「うまくいかないときはついつい愚痴っぽくなってしまう」

ってことは誰にでもあると思います。わたしもそんなときがあります。
でも、それで文句ばかり言う人間に成り下がってしまっては人間おしまいです。
不快なことがあったら思考が止まりそうになると思うんですが、それでもとりあえず手を動かしてみましょう。頭は一旦置いてきぼりでいいです。あとから付いてきます

え?もっともらしい理由がないと動けない?
じゃあずっと動かないままでいればいいじゃないですか?
それで状況がよくなるといいですね^^
まあ良くならないどころか悪化することが多いでしょうけどwwww

(ちょっと煽ってみましたw)

今回はとある理論を持ち出しつつ、安定とか不毛な我慢なんてクソ喰らえだぜ!いいから動け!!ってことを書いてみたいと思います。

 

 

変化を怖いと感じるのは当たり前だということは理論的に説明されていた

「プロスペクト理論」という、心理学や行動経済学の観点から、「不確実な環境下で人はどのように行動するのか?」を説明した理論があります。 ざっくり説明すると「悪い条件が提示されたときはその可能性を高く見積もり、いい条件が提示されたときはその可能性を低く見積もる傾向が強い」ということです。
この理論から何が言えるのかというと、 「変化を怖いと感じるのは普通のことである」ということです。
そう、「普通」なんです。わたしもそうだし、あなたもそう思うし、あなたの同僚も友達もそうです。

そして、ほとんどの人が「普通」の世界に甘んじていてリスクをとって「普通」の先に行こうとしません

今まではそれでもよかったかもしれません。「いい大学行っていい会社に入ればそれで人生安定安心安泰ってね☆わざわざ大学中退して起業したり新卒でフリーランスになったり、3年働かないで会社変えちゃうなんてどうかしてるピョンwww」っておじさんたちは思うでしょう。多くの人が認める安心の領域=「普通」からわざわざ出ていくなんて到底理解できない人もいるでしょう。
もはや「普通」だとか「安定」だとか「常識」なんてものは知らず知らずのうちに作られた妄想みたいなもんです。

本当は違和感があるのにも関わらず、そんな妄想にあなたは囚われ続けていませんか?
案外、リスクをとってみたら大したことないかもしれませんよ?
失敗したとしても、死ぬわけではないし、いざとなったら優しい人が助けてくれます。まだ世の中捨てたもんじゃありませんよ。

文句言うエネルギーがあるなら行動しよう?それができないならこの先ろくな仕事もできないんじゃない??

今の仕事が嫌なら転職すればいい。満員電車が嫌なら職場の近くに引っ越せばいい。嫌なところがあるなら指摘すればいい。簡単です。全部わたしでもできましたw
 
結局は現状をそこまで変えたくないから、あるいは変えるのが怖いから言い訳してしまうんです。
でも上記で説明したように怖いと感じるのは当たり前くらいに思ったら、大したことなくないですか?
リスク(変化)をとったら今より状況がもっと良くなるかもしれないんですよ?
迷ってるくらいなら、行動しちゃった方がよくないですか? 
一番まずいのは、言い訳ばかりしてるうちにだんだん自分にとっての快/不快もわからなくなってしまうことです。いわゆる心の声ってヤツですね。
さらに悪いことに、自分の状態がわからなくなると、当然自分の相対的な位置がわからなくなるので、どういう方向に/どのように頑張ればいいかがわからなくなってしまいます。
そうして自分に自信がなくなってしまい、他人の意見に流されまくってますます自分で考える力がなくなってしまう・・・

 

そんなヤツが仕事できると思いますか?できなそうですよね?ww
ていうか人間としてなんだか残念極まりないですよね・・・?www

赤ちゃんじゃあるまいし、自分が不快だとか不満に感じる環境くらい、自分で変える努力しろや( ゚Д゚)!って話です。 
そのためにも、言い訳とか文句を言いそうになったら、言ってもいいんですけど、そこで止まらないで言い訳とか文句を言ってしまう環境を変える努力をしましょう!そのためにはとりあえず手だったり足だったり何か体を動かしてみましょう!!そうしたら何か見えてきますよ!^^