3710/

今日もみなさんの斜め上から自分を戒めています。

“/”と古川日出男と

calendar


記号への愛を語る

いきなりですが、変なことを聞きます。

あなたの一番好きな記号はなんですか?

「?」?「!」?それとも「〜」ですか?

わたしは「/」が一番好きです。スラッシュと呼ばれる、あの右肩上がりのスッとした直線です。

このブログでもだいたい一記事に一度くらいは登場するくらい、「/」はよく使います。だって好きなんですもの。

ちなみに全角の「/」も、半角の「/」も好きです。バックスラッシュと呼ばれる「\」は普通です。好きでも嫌いでもないですw

これからわたしが「/」を好きな理由を書き綴ります。ただの変態的な記事ですがたまにはこんなのだって書いてみたいんですww

・形が美しい

/ / /          /   /

 / /      /      /

無作為に「/」を並べてみました。

ほら、なんだか美しくないですか??

まるで月夜の光に照らされたすすきのようです。

あるいはしとしと降る霧雨のようです。

もしくは・・・・(まだ続けますか?)

かなり主観が入りまくりましたが、この右肩上がりの姿は、上り調子の感じがして見ていて気持ちがいいですね。縁起がいい感じしませんか?末広がりに見えなくもないですしね!

・使える

まずは以下の文章を見比べてみましょう。

「わたしはハイフン・アンダーバー・バック・スラッシュは嫌いではない」

「わたしはハイフン/アンダーバー/バック・スラッシュは嫌いではない」

どちらが読みやすいでしょうか?

おそらく下のほうが読みやすいでしょう。こういう具合に要素を羅列した文章の場合、よく「・」(なかぐろ)を使うことが多いですが、要素によっては「・」だと読みづらくなってしまうことがあります。シン・ゴジラとかポール・マッカートニーとかね。

そういうときには「/」が大活躍するんですね!!

「、」でよくね?って思った人もいるかもしれませんが、そこはもう好みなので放っておいてくださいw

「わたしはハイフン、アンダーバー、バック・スラッシュは嫌いではない、しかし、スラッシュはとても、とても大好きだ。なんなら、愛してると言っても過言ではない」

(なんだか悪くないかも・・・・!)

・実は古川日出男先生の影響を受けてる

お恥ずかしながら「聖家族」しか読んだことはないのですが、独特の文体で小説の世界観にグイグイ引き込まれてしまいました。

個人的には文章のなかで、「/」がよく使われている印象があるのでした。

そして「/」が出るたびに小説の世界に一段、また一段と引きずり込まれていく感じがしたのです。

いろいろな人の文章を読むように意識はしているのですが、これほどまでに「/」が小説の中で存在感を放っている作品はあとにもさきにも無いのではないでしょうか。

というわけで、「/」への偏愛っぷりを書き綴ってみました。

たかが記号じゃん、って思うかもしれませんが、好きな理由をよくよく考えてみると、そもそもの見た目が好きであるとか、使い勝手がいいとか、昔読んだ小説の影響だったとかいろいろな発見があるのです。

みなさんもこのシルバーウイークに、好きな記号について想いを馳せてみるのはいかがでしょうか!!